戻る 進む

 


ホーム
上へ
アンテナ建設で授業が再開されたサニリアート村
一段と終末的状況が進む中国と米国
EUから離脱後、国家衰退のスピードを増すイギリス
米国でまたもや悲惨な銃殺害事件発生
カリブ海のセントビンセント島で爆発的噴火
米国でまたもや警察官による黒人射殺発生
欧州を襲う異常寒波
ドイツでコロナによる死者の国家追悼式典開催
ジョージ・フロイド氏死亡事件元警察官に有罪判決
医療崩壊に陥ったインド
シベリアや極東地域で異常な暖かさ
米国とイスラエルにすきま風
中国政府機関の合成写真投稿に批判殺到
アフリカと米国を襲う二つの地獄
カルマの刈り取りに入った米国社会
米国のパイプラインへのハッカー攻撃
相次ぐ米国とロシアの人災・天災
イスラエルとパレスチナの戦闘激化
イスラエル軍による卑劣な行為
ガザ地区に比べイスラエルの被害が桁違いに小さい理由
米国の銃による死者と負傷者の恐ろしい数値
悲惨なガザ地区の惨状
活発化する火山活動と太陽フレアーの発生が暗示する地球の近未来
国連、ガザ地区空爆の調査委員会設置へ
米国でUFO目撃情報多発、真相求める動き活発化
米国、再びロシアからサイバー攻撃
中国の爆買いで世界的に食糧価格高騰の危機
中国、人口減少に歯止めがかからず
米国の駐富裕層に対する納税率の低さに驚く
イスラエル、新政権誕生後もパレスチナへの攻撃続く
米国各地で竜巻と暴風雨
HP掲載のペースダウンについてのご案内
米国・フロリダ州で12階建てマンション崩壊

 アフリカと米国を襲う二つの地獄 

   食べるものがない貧国・マダガスカルと
    子供が銃を乱射する富める米国社会
 
 

 
 


こんな砂嵐が続いたら農作物など栽培できるわけがない。

(ドイツZDFテレビ)


 

 
 

 
 


バッタを食べて飢えをしのぐ子供。 顔には様々な虫が止まっている。


 

 
 

 
 


飢え程人間にとって悲惨なものはない。
こうして一人づつ子供をあの世に送る母親の気持ちは「生き地獄」である。

 
 

アフリカの南端、南アフリカ共和国の対岸のインド洋に浮かぶマダガスカル島。その島の南部で暮らす人々はここ数年続く日照りで砂嵐に見舞われ、多くの畑が作物がつくれない状況にあり、記録的な飢饉に見舞われている。

人々は日々、木の根を食べて生き延びていたが、最近少しばかり雨が降ったことでバッタが発生したため、なんとかそのバッタを食べて生き延びているようである。そのバッタの発生がなければ全員が死んでいたに違いないと、ドイツZDFテレビは伝えていた。

そんな食べ物に事欠く厳しい状況下に置かれた国もあれば、一方では、米国のようにアマゾンの創業者が設立した宇宙開発ベンチャー等によって、一般人の宇宙旅行が始まろうとしている国もある。

乗船費用は飛行時間や宇宙における滞在時間によって様々であるが、少なくとも数十万ドル(数千万円)から数千万ドル(数十億円)は必要のようである。まさに、バッタを食べて命を長らえている人間とは文字通り「天と地」ほどの格差である。

そんな恵まれた米国では一方で、黒人やアジア系住民に対する憎悪犯罪(ヘイトクライム)による銃撃事件が多発していることは既にお伝えしている通りである。そんな中、今度は西部のアイダホ州の中学校では1年生の女子生徒によって、生徒2人と教師1人が銃撃される事件が発生。

狙撃した女子生徒はバックから拳銃を取り出し、校舎の中と外で仲間の生徒や教師に向かって複数回発射したようである。幸い撃たれた生徒と止めに入った教師は一命をとりとめたようであるが、犯行者が中学1年の女子生徒で同級生を狙った犯罪であることを考えると、前代未聞、覇権国家・米国はなんともはや恐ろしい社会になったものである。

いくら銃の売買が気楽に出来る国とは言え、まさか中学生が銃を購入することは出来ないだろうから、家族の所持した銃を使ったものと思われるが、マスコミがトップニュースで伝えていることから、事件は子供たちの知るところとなっていることは間違いないだけに、これから先、同様な銃撃事件の発生が心配である。

これまでに、覇権国家・米国が国家滅亡に向かっていることは何度もお伝えして来ているが、今回の中学1年生による銃撃事件はそのスピードの速さを示しているようである。

 
 

 
 


犯行のあった中学校で捜査にあたる警察官。
(アメリカABCニュース)

 

 
 

 
 


駆けつけた両親に抱き着いて泣いている生徒。さぞかし恐ろしかったに違いない。


 

 
 

 
 


同学年のルーシーさんが恐ろしかった事件の様子を語る。
こんな子供たちが、銃を持った友達から狙われたのではたまったものではない。
 

 

 

 

 

 




 

戻る 上へ 進む