戻る 進む

 


ホーム
上へ
アンテナ建設で授業が再開されたサニリアート村
一段と終末的状況が進む中国と米国
EUから離脱後、国家衰退のスピードを増すイギリス
米国でまたもや悲惨な銃殺害事件発生
カリブ海のセントビンセント島で爆発的噴火
米国でまたもや警察官による黒人射殺発生
欧州を襲う異常寒波
ドイツでコロナによる死者の国家追悼式典開催
ジョージ・フロイド氏死亡事件元警察官に有罪判決
医療崩壊に陥ったインド
シベリアや極東地域で異常な暖かさ
米国とイスラエルにすきま風
中国政府機関の合成写真投稿に批判殺到
アフリカと米国を襲う二つの地獄
カルマの刈り取りに入った米国社会
米国のパイプラインへのハッカー攻撃
相次ぐ米国とロシアの人災・天災
イスラエルとパレスチナの戦闘激化
イスラエル軍による卑劣な行為
ガザ地区に比べイスラエルの被害が桁違いに小さい理由
米国の銃による死者と負傷者の恐ろしい数値
悲惨なガザ地区の惨状
活発化する火山活動と太陽フレアーの発生が暗示する地球の近未来
国連、ガザ地区空爆の調査委員会設置へ
米国でUFO目撃情報多発、真相求める動き活発化
米国、再びロシアからサイバー攻撃
中国の爆買いで世界的に食糧価格高騰の危機
中国、人口減少に歯止めがかからず
米国の駐富裕層に対する納税率の低さに驚く
イスラエル、新政権誕生後もパレスチナへの攻撃続く
米国各地で竜巻と暴風雨
HP掲載のペースダウンについてのご案内
米国・フロリダ州で12階建てマンション崩壊

 米国の銃による死者と負傷者の恐ろしい数値 

          これが国家滅亡に向かう国の姿である
 
 


 
 


こんなかわいい6歳の男児が、走行中の車の座席で銃撃されて死亡。

 
 

 

コロナ禍で世界で断トツの感染者と死者を出している米国。そんな米国社会で銃を使った事件が頻発していることは、これまでにも何度もお伝えしてきている通りである。今回はその規模がいかに凄まじいものであるかをお伝えすることにする。

なんとも驚くことに、この3日間だけで140人が死亡し100人以上が負傷しているのだ。昨日、カリフォルニア州では母親が後席に6歳の男児を乗せて走行中に車線変更をしたところ、後方を走っていた車が追い抜いて前に入ろうとした際に発砲。母親は驚いて車を路辺に停車したところ子供は既に死亡していた。

また、サウスカロライナ州では週末屋外で行われていたコンサートで14歳の少女が銃撃されて死亡し14人が負傷。こうした発砲事件で、今年は既に5か月間で0歳〜11歳の子供だけで120人が死亡、281人が負傷している。また、12歳から17歳の子供の471人が死亡し、1100人が負傷している。併せたら既に17歳までの子供600人近くが亡くなっているのだ。

米国社会が銃社会と化して来ていることは十分い承知している私も、改めてこの数字を知った時には愕然とした。過去3年間の発砲事件による死者数は、2018年が14890人、
2019年が15446人、2020年が19397人。

なんと死者の数は2019年から2020年にかけて3年間で、30%以上急増しているのである。恐らくこの調子では今年は死者と負傷者の数は10万人近くに達するのではないかと思われる。これが国家の滅亡に向かっている覇権国家の恐ろしい実体なのである。

 

 

 

 

 




 

戻る 上へ 進む