戻る 進む

 


ホーム
上へ
アンテナ建設で授業が再開されたサニリアート村
一段と終末的状況が進む中国と米国
EUから離脱後、国家衰退のスピードを増すイギリス
米国でまたもや悲惨な銃殺害事件発生
カリブ海のセントビンセント島で爆発的噴火
米国でまたもや警察官による黒人射殺発生
欧州を襲う異常寒波
ドイツでコロナによる死者の国家追悼式典開催
ジョージ・フロイド氏死亡事件元警察官に有罪判決
医療崩壊に陥ったインド
シベリアや極東地域で異常な暖かさ
米国とイスラエルにすきま風
中国政府機関の合成写真投稿に批判殺到
アフリカと米国を襲う二つの地獄
カルマの刈り取りに入った米国社会
米国のパイプラインへのハッカー攻撃
相次ぐ米国とロシアの人災・天災
イスラエルとパレスチナの戦闘激化
イスラエル軍による卑劣な行為
ガザ地区に比べイスラエルの被害が桁違いに小さい理由
米国の銃による死者と負傷者の恐ろしい数値
悲惨なガザ地区の惨状
活発化する火山活動と太陽フレアーの発生が暗示する地球の近未来
国連、ガザ地区空爆の調査委員会設置へ
米国でUFO目撃情報多発、真相求める動き活発化
米国、再びロシアからサイバー攻撃
中国の爆買いで世界的に食糧価格高騰の危機
中国、人口減少に歯止めがかからず
米国の駐富裕層に対する納税率の低さに驚く
イスラエル、新政権誕生後もパレスチナへの攻撃続く
米国各地で竜巻と暴風雨
HP掲載のペースダウンについてのご案内
米国・フロリダ州で12階建てマンション崩壊

 米国、再びロシアからサイバー攻撃 

                   懸念される米・ロ間の関係悪化
 
 

 
 


ロシアからのサイバー攻撃の標的とされた世界最大の食肉加工会社・JBS

 
 

先月5月11日の記事「米国のパイプラインへのサイバー攻撃にロシアのハッカー集団が関与」において、米国南部のテキサス州から ニュージャージー州に至る全長約9000キロを結ぶパイプラインが何者かにサイバー攻撃され、ガソリンや 灯油などの供給が一時停止する事態が発生したことをお伝えした。読者は記憶されていることと思う。

あれから1カ月も経たない一昨日、再び米国へのサイバー攻撃(コンピューターに不法に侵入して機能を停止させる行為)が発生。 今回は米国国内とカナダやオーストラリアなどに工場を持つ世界最大の食肉加工会社・JBS社を狙った犯行であった。それにより、米国の食肉価格が急騰し市民生活に悪しき影響を及ぼす事態が発生。

米国では現在、コロナ禍から脱して経済活動の再開が急速に進む中、政府による手厚い失業給付によって働き手が労働市場に戻ってこない状況が続いており、食料品の生産や輸送が滞るという異常事態が発生していた。そこを狙って起こしたのが、今回の食肉加工会社に対するサイバー攻撃であったのだ。

米国政府は今回の犯行も前回のパイプラインへのサイバー攻撃同様、ロシアのハッカー集団によるものとしており、ロシア政府や政府に近い人物が、米国社会の混乱を狙っている可能性があるとしてプーチン政権に抗議しており、今月中旬に行われるバイデン・プーチン両大統領による首脳会議でも議題にすることにしているようである。

 
 

 
 


米国国民にとって肉は食卓から欠かせないだけに、
価格の高騰はショックだったに違いない。

 
 

今回も食肉加工会社・JBS社が早めに復旧できると声明を発表していることから、市民生活への影響は一時的なものとなりそうであるが、問題はわずか1カ月足らずの内に1度ならず2度も同様な事態が発生している点である。

もし、ロシア政府が関与していないとするなら、米国政府から名指しされているのにも関わらず、プーチン大統領が何らかの手を打たないでいることはおかしい。大統領は今や独裁者的立場にいるだけに、サイバー攻撃の実体を把握していることは間違いないはずである。となると、今回の攻撃はバイデン政権に対する意図的な揺さぶりと見ておいた方がよさそうである。

今のロシアはEU諸国からの経済制裁によってかなり厳しい状況に陥っているようである。それだけに、EUに対して制裁緩和を働きかけようとしないバイデン政権に対して、プーチン大統領が牽制球を発した可能性が大である。

問題はEUとロシア間の関係が改善されない状況が続いて、第3弾が発せられた時である。今の段階では牽制球程度に留まっているが、3度、4度目となった時にはバイデン政権と米国国民に対する激しい揺さぶりとなる可能性が高そうであるだけに心配だ。

今月の首脳会談でバイデン大統領からの抗議に対して、プーチン大統領から明確な対応策が発表されないようなら、要注意である。

 




 

戻る 上へ 進む