ハイジの村を訪ねる @
 

 


ホーム
上へ

イルミネーションに輝くバラ園

 
 

 
 


夕方5時頃、薄暗くなったバラ園の入り口に照明が灯された。

 
 

昨年の夏にバラの花の撮影で訪れた「ハイジの村」。花を観賞するには5月の後半から10月一杯。冬の楽しみはバラ園を覆った幻想的なイルミネーションである。年末、孫が喜ぶだろうと家族で訪ねた。イルミネーションの点灯は 年末までの夕方5時から24時まで。

夕方、少し早めに訪ねると温室の中に咲く四季の花を楽しむことが出来る。驚いたのは販売している花の料金である。ポインセチアのピンクと赤を二つ買って帰ったが、その値段は街の花屋さんで売っている値段の4分の1。安く手に入るのはバラの花だけではなかったようだ。

今年夏場以降に徳之蔵に来館される方は、車で20〜30分の距離なので一度訪ねられたらいかがだろう。八ヶ岳山麓の東側に位置しており、富士山、南アルプス、八ヶ岳の展望も楽しめるので、ご満足いただけるに違いない。

冬のイルミネーションも子供さん連れの方や女性には人気があるようで、思っていた以上に多くの方が訪ねておられた。ただ標高が高いので冬場に訪れる際には防寒対策だけは怠りなく。  今回は幻想的なイルミネーションと四季の花を2回に分けて掲載するので、ご覧頂きたい。

 



 


夕暮れ時の景観
 

陽が落ちた後の景観


 



 

     


 



 

胡蝶蘭(ハンギンク) @


A
 

シクラメン(ルチビアピンク)


 



 



 


ポインセチア @
(ビジョンオブグランディール)
 

A

 

 

 




 

上へ