戻る 進む

 


ホーム
上へ
日に日に混乱の度合いを増す世界情勢
米中貿易摩擦さらに拡大
中東で新たな人道的危機
時の到来を告げる台風19号
トルコのシリアへの侵攻がもたらす悲劇
縮小するアマゾンの実態
混乱の度合いを増す世界情勢
カレンダー発売のご案内
中東で急速に存在感を増すロシア
再生に向けて加速し始めた地球
米軍、シリアでバグダディーを殺害
拡大し続ける米国の山火事
ロシア全土で異常気象
神社の絵馬をめぐる奇妙なトラブル
オーストラリアの干ばつと森林火災
カルマの刈り取りに揺れるスペイン
異常気象により米国では農家の破産が急増
世界最悪レベルのインドの大気汚染
オーストラリアの森林火災と米国の寒波・降雪
姿を消し始めた国蝶・オオムラサキ
記録的な極寒に襲われたロシア北西部
トランプ政権方針転換
難問を抱えた中国の未来
災害のメッカ米国で二つの爆弾低気圧
感謝祭が悪夢と化した米国
異常気象がもたらす悲劇
拡大し続けるオーストラリアの森林火災
ニュージーランドで火山噴火
混乱の度合いが増す一方の世界情勢

米中貿易摩擦さらに拡大

      米国、中国に対する禁輸措置第二弾発令

 
 

 
 


新疆ウイグル自治区でウイグル族の人々が拘束され、強制労働させられている収容所

 


 


中国の通信機器大手・ハーウェイ(HUAWEI)に対する禁輸措置による米中間の貿易戦争が本格化してからはや半年。その影響は米中だけでなく世界各国に広がり、いまや世界中が景気減速に陥っていることは、読者もご承知の通りである。

そうした状況下、米国政府は中国に対して新たな禁輸措置を発動する事態となった。今回は中国西部の新疆ウイグル自治区に住むウイグル族に対し、顔などの認証システム(AI人口知能)を使った残虐な抑圧的行為に対する報復措置である。

取引の禁止措置の対象となっている代表的な企業は、監視カメラの技術を世界的に提供しているハイクヴィジョン(Hikvision)社やダーハ(Dahua)社など中国企業28社と、政府機関などである。中国政府はすでに1億7000万台の監視カメラを使って国全体の監視を続けているようである。

米国の今回の禁輸措置に対して中国政府は早々に反発。外務省報道官は「新疆ウイグル自治区で人権問題などは全く発生していない」「米国は直ちに間違いを正し、措置を撤回して中国の内政への干渉をやめるよう求める」とする談話を発表している。

今回の米国による禁輸措置の発動で心配なのは、間もなく行われる米中閣僚級交渉の行方である。中国政府の対応によっては会談は厳しいものとなり、 今月15日から中国からの2500億ドル(約27兆円)の輸入品に対する関税が25%から30%にアップするタイミングだけに、米中の貿易戦争がさらに拡大し、世界的な経済の低迷を一段と強めることになりはしないかと気になるところである。

そうした問題とは別に気になるのは、監視カメラなどによる監視体制は、今や中国・ウイグル自治区だけでなく世界中で行われているだけに、カメラにとらえられた我々の映像も人権を無視した行為に使われる可能性が大きいという点である。

こうした映像による監視体制と同時に、カード決済の奨励によってカードによる支払いが増えれば、データーはすべてスイスにある巨大コンピューターに保存され、我々の行動の一部始終が掌握されてしまうことになる。そうなれば、恐ろしいことだが我々を奴隷として利用しようとしている「闇の勢力」の思うがままである。

 
 

 
 


最新鋭の監視カメラ 我が国においても至る所に設置されている。

 

 
 

 
 


路上に設置された監視カメラでとらえられた映像は、全体像や顔の拡大映像がすべて収録され、携帯電話などで話していると、口の様子で会話内容も収録されてしまうのだ。

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 


 

戻る 上へ 進む