戻る 進む

 


ホーム
上へ
笑顔の裏にあるのは猜疑心
今度はロシアとメキシコで異常気象
今度はインドで大洪水発生
ブラジル新大統領登場でアマゾンに危機迫る
噴火・地震・竜巻
米国・カリフォルニア州で再び地震
スペインで記録的な集中豪雨
ニューヨークで異例の大規模停電発生
大統領の差別的発言に非難が噴出
トランプ大統領への非難決議、議会で可決
愚かなりし人間
北朝鮮・新型ミサイル実験
米国の持つカルマの恐ろしさ
北極海周辺で前代未聞の巨大森林火災
頻度と規模が増す一方の米国の銃乱射事件
加速化する人間の奴隷化
ここまで来たかNHK
米国が背負った二つのカルマ @
米国が背負った二つのカルマ A
反日感情を強めるムン・ジェイン大統領
アマゾンで燃え広がる森林火災
拡大するスペインの自然災害
激しさを増し始めた世界情勢
悪化の一途をたどる米国
ボルソナル大統領、G7の支援を受け入れ
前代未聞の大型ハリケーン、バハマ島を襲う
ハリケーン「ドリアン」、北米大陸沿岸を北上
軍事力を強める一方の北朝鮮
海水温上昇がもたらす異変 @
海水温上昇がもたらす異変 A
成果なく終わった気候変動サミット
米国北部で季節外れの大雪
軍拡に向かう中国
ジャーナリスト・カショギ氏殺害から1年
日に日に混乱の度合いを増す世界情勢
米中貿易摩擦さらに拡大
中東で新たな人道的危機
時の到来を告げる台風19号
トルコのシリアへの侵攻がもたらす悲劇
縮小するアマゾンの実態
混乱の度合いを増す世界情勢
カレンダー発売のご案内
中東で急速に存在感を増すロシア
再生に向けて加速し始めた地球
米軍、シリアでバグダディーを殺害
拡大し続ける米国の山火事
ロシア全土で異常気象
神社の絵馬をめぐる奇妙なトラブル
オーストラリアの干ばつと森林火災
カルマの刈り取りに揺れるスペイン
異常気象により米国では農家の破産が急増
世界最悪レベルのインドの大気汚染

拡大し続ける米国の山火事

    焼失面積は東京23区の半分に迫り、20万人が避難。

 
 

 
 


この燃え方を見ると、簡単に鎮火できるものでないことが分かる。
 

 


先日、「再生に向けて加速し始めた地球」で米国西部のカリフォルニア州北部と南部で大規模な山火事が発生し、近隣の住宅地にも被害が広がっていることをお伝えした。火災の発生は23日ごろから始まったようなので、既に1週間近く経過しているが一向に衰えることなく、今もなお燃え広がっているようである。

そうした状況を昨日も今日も、米国のABCニュースはトップで伝えており、既に20万人が避難し、94万戸、220万人が停電に見舞われているようである。日本時間の今朝のニュースは新たにロスアンゼルス郊外の高級住宅地・ビバリーヒルズ付近でも火災が発生し、俳優のシュワルツェネッガー元カリフォルニア州知事など著名人2万5000人が避難を余儀なくされる事態となっていることを伝えていた。

何故これだけ広域に広がっているのかというと、風速30m近い季節風によって飛ばされた「がれき」が電線に当たってショートし、その飛び散った火花が出火要因となっているためである。それゆえ被害の拡大を防ぐために電力会社が計画停電を広げており、停電の対象はすでに36群で100万戸近くと前例のない規模に達しているようである。

延焼面積は昨日のニュースでは1万5000ヘクタールで、鎮火したエリアは10%ほどと伝えていたが、今朝のニュースでは焼失面積が2万7000ヘクタールを超えて来ており、鎮火した割合はわずか5%に過ぎないと伝えられていた。これから先、まだ2〜3日は風速の強い日が続くようなので、延焼面積はさらに広がりそうである。

東京23区の総面積は約6万3000ヘクタール(=630平方キロメートル)であるので、既に焼失した面積2万700ヘクタールは、東京23区の約43%となる。したがって、もしもこれから先、数日間延焼が続くようなら、焼失面積は東京都23区の半分をはるかに超え、3分の2近くに達しそうである。

米国ではこのような山火事が毎年何カ所かで発生するのが恒例化して来ていることを考えると、広大な面積を持つ裕福な米国といえども、その規模と被害額が米国社会に大きな爪痕を残していることは確かである。

それに被害は山火事だけではないのだ。恒例化しているフロリダ州など東海岸一帯のハリケーン被害やテネシー州など中南部の竜巻や洪水の被害などを加えると、我が国のこの秋の一連の台風被害の数千億円とは桁違いの数兆円規模の額となっていることは間違いなさそうである。そして、その頻度と規模が年々歳々、度合いを増して来ているのだから大変だ。

 

 


住宅街への延焼を防ぐため、木々の伐採を急ぐ消防士たち.。まさに命がけの作業だ。

 

 
 

 
 


火の手は多くの家屋が建つ住宅街に向かって進んでいる。
 

 
 


 


高台にある高級住宅が延焼し、崩れ落ちそうになっている恐ろしい光景。
 

 

 
 


一旦火がついたら、あっという間に全焼である。



 

 
 

消火にはヘリから旅客機まであらゆる機材が使われているようだ。
 

 
 


 

 

 

 

 

 

 

 




 

戻る 上へ 進む