戻る 進む

 


ホーム
上へ
日に日に混乱の度合いを増す世界情勢
米中貿易摩擦さらに拡大
中東で新たな人道的危機
時の到来を告げる台風19号
トルコのシリアへの侵攻がもたらす悲劇
縮小するアマゾンの実態
混乱の度合いを増す世界情勢
カレンダー発売のご案内
中東で急速に存在感を増すロシア
再生に向けて加速し始めた地球
米軍、シリアでバグダディーを殺害
拡大し続ける米国の山火事
ロシア全土で異常気象
神社の絵馬をめぐる奇妙なトラブル
オーストラリアの干ばつと森林火災
カルマの刈り取りに揺れるスペイン
異常気象により米国では農家の破産が急増
世界最悪レベルのインドの大気汚染
オーストラリアの森林火災と米国の寒波・降雪
姿を消し始めた国蝶・オオムラサキ
記録的な極寒に襲われたロシア北西部
トランプ政権方針転換
難問を抱えた中国の未来
災害のメッカ米国で二つの爆弾低気圧
感謝祭が悪夢と化した米国
異常気象がもたらす悲劇
拡大し続けるオーストラリアの森林火災
ニュージーランドで火山噴火
混乱の度合いが増す一方の世界情勢
温暖化対策会議「COP25」の結果に広がる失望

記録的な寒波に襲われたロシア北西部
11月だというのに、一夜で−20℃から−45℃へ

 
 

 
 


−45℃の極寒に襲われたシベリア地方の状況を伝えるロシアTV

 
 


米国やロシア、さらにはスカンディナビア半島のフィンランドやノールウエーが異常な寒気と降雪に見舞われていることは、「オーストラリアの森林火災と米国の寒波・降雪」「異常気象により、米国では農家の破産が急増」などでお伝えして来ている通りである。

こうした異常気象は北極海の低気圧の異常な流れの影響によるものと言われているが、昨日のロシアTVはシベリア地方からモスクワに至るロシア北西部の広い地域が、更なる寒波と降雪に見舞われていることを伝えていた。

驚かされたのは、シベリア地方ではまだ11月中旬だというのに、数日前から−47℃という異常な寒気に襲われていることで、寒さには慣れている人々ではあるが、平年を15度も下回るこの記録的な寒気には驚き、困惑されているようである。

現地の人々の語る驚きは、単なる温度の低さだけではなく、一夜にして20℃という急激な冷え込みに遭遇したことであったようだ。私の住む八ヶ岳山麓も標高が高いため、真冬には−5℃〜−7℃という寒気に見舞われることはあるが、前日まで0℃だった最低気温が一夜の内に−10〜15℃を下回ったら、驚天動地である。

それにしても、−45℃などという極寒の中で日々の生活ができるのかと不思議に思う。私が北極点に立った時は、7月であったのでせいぜい−10℃前後であったように記憶しているが、−30℃を超したらとても船外には出れなかったに違いない。数日前のシベリアでも、さすがに学校は全校休校となり、幹線道路には体を温める救護施設が設けられたりしたようである。

同じ北極海に面したロシアでも東のハバロフスク地方では、異常な高温に見舞われライラックやタンポポの花が開花しているというのだから、なともはや驚きである。これを異常気象といわずになんと言うのか。我が国とていつこうした事態に遭遇することになるかは分からない。「明日は我が身」であることをお忘れなく

 
 

 
 



サハリン州の大雪。空の便もフェリーもすべてストップ。
 

 
 

 
 


この風景を見るとその寒さのほどが身に迫ってくる

 

 
 

 
 


ハンティーマンシースク州では−39℃

 

 
 

 
 


ウラル地方ではこんな珍しい光景が。
極寒の中を昇る太陽が空気中の氷で屈折した金色の光に包まれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




 

戻る 上へ 進む