戻る 進む

 


ホーム
上へ
コロナウイルスの被害、軍事に影響
ウイルスの感染者100万人を突破
ロックダウン(外出禁止令)がもたらす悲劇
謎が深まる新型コロナウイルスの真相
一枚のピラミッドの写真が思い出させたエジプト探索の旅
世界各地で拡大する新型コロナウイルス
ニューヨークの原油先物価格がマイナスに
太陽フレアーの観測始まる
パンデミック後の世界の行方は?
外出制限解除を巡って揺れるEUと米国
HPのカウンター回数回3200万回を突破
厳しさを増す新型コロナウイルスの感染拡大
新型コロナウイルスの世界情勢への影響
米国のウイルス感染拡大がもたらす米中対立の危機
復興に向かうかに見える中国経済の実態
コロナウイルス蔓延の最中、モンスーン襲来
中国のアジアやアフリカ諸国への支援の思惑
天罰を受けることになるか中国
米国にも降りかかる最後の天罰
新著出版のご案内
全米140の都市で抗議デモ
コロナウイルス2次感染の問題点

1枚のピラミッド写真が思い出させた
                エジプト探索の旅
  観光客の姿が全く写っていない貴重な映像

 
 

 
 



ピラミッドに通じる階段を消毒する人々。周囲に観光客の姿は全く写っていない。

 
 


先日、テレビでエジプトのピラミッドの珍しい映像が映されていた。 それはピラミッドに来られる観光客を新型コロナウイルスから守るために、ピラミッドやフィンクス周辺を消毒している映像であった。何が珍しいかというと、その映像には観光客の姿が全く写っていなかったからである。どうやらギザ台地一帯を訪ねる観光客も激減して いるようである。

そんな映像を見て思い出したのは、今から18年前、3度目のギザ台地訪問でピラミッドの前に立った時のことであった。この時もピラミッドとスフィンクスの前には観光客の姿が見当たらなかった。世界中から謎のピラミッドを一目見ようと出かけてくる有名なこの地に、日中、人の姿が見えないなどということは有り得ないことである。

それでは何故そんな珍しい情景に遭遇したのかというと、エジプトでテロが起きた直後だったからである。テレビでテロのニュースを見た私は最高のチャンスだと思い、翌日には空港に向かっていた。エジプトのピラミッドだけでなく、ペルーのマチュピチュにしろメキシコのチチェンイッツアにしろ 、有名な古代遺跡で観光客のいない時に、その場に立つなどというチャンスは滅多に無いことであったからである。

それゆえ、エジプトでテロが発生したニュースを見た時、こんな貴重なチャンスを逃したらまずいぞと思い、旅立つことに決めたというわけである。 搭乗した飛行機はガラガラでエコノミーのチケットでありながら席も食事もファーストクラス待遇。到着したカイロの空港からギザ台地までは2台のパトロールカーに護衛されて総理大臣並みの警護。

そうして訪ねたギザ台地には観光客は見当たらない。人気のないギザ台地に 立って壮大なピラミッドとスフィンクスの景観を眺めたその時の感激は、今でも忘れられない思い出である。 禁止されている大ピラミッドに登れたのも、地下の秘密の部屋に入れたのも皆、こんな時だからこそ出来たというわけである。

これまでに何度も出かけた遺跡探索の旅の中で、こうした貴重な体験が出来たのはほんのわずか。ペルーのマチュピチュで夜を過ごした体験も忘れられない貴重な体験の一つであった。南極とアマゾンで眺めた南十字星を標高2500mの 夜のマチュピチュからも眺めてみたいと思ったのがきっかけであった。その夢が叶えられたのは 当時クスコに住んでおられたセサル・ラトーレ氏の奥さんの尚子さんのご尽力があったからであった。

マチュピチュ遺跡は今は世界遺産に指定されているため、昼間でも好きな場所に近寄ることすら出来なくなってしまっている。それだけに、マチュピチュで夜を過ごすことの出来た体験は私と同行者だけに許された、二度と出来ない貴重な体験であった。それもこれもみな、学者が語る「歴史の嘘」を暴こうとする私に、天が与えて下さったご褒美だったのではなかろうか。

 
 

 
 


18年前に撮影した写真。 これは、ピラミッドとスフィンクス
の前に人の姿がまったく写っていない極めて珍しい写真である。

 

 
 

 
 


こうした人混みの情景が通常のピラミッド前の景観である。 右側が第一ピラミッド。

 
 
 

 
 


夕闇の迫るマチュピチュの姿。 どこにも人の姿は見えない。

 

 
  

夜のマチュピチュ遺跡から眺めた半回転した月の姿。

 

 

 

 

 

 

戻る 上へ 進む