戻る 進む

 


ホーム
上へ
コロナウイルスの被害、軍事に影響
ウイルスの感染者100万人を突破
ロックダウン(外出禁止令)がもたらす悲劇
謎が深まる新型コロナウイルスの真相
一枚のピラミッドの写真が思い出させたエジプト探索の旅
世界各地で拡大する新型コロナウイルス
ニューヨークの原油先物価格がマイナスに
太陽フレアーの観測始まる
パンデミック後の世界の行方は?
外出制限解除を巡って揺れるEUと米国
HPのカウンター回数回3200万回を突破
厳しさを増す新型コロナウイルスの感染拡大
新型コロナウイルスの世界情勢への影響
米国のウイルス感染拡大がもたらす米中対立の危機
復興に向かうかに見える中国経済の実態
コロナウイルス蔓延の最中、モンスーン襲来
中国のアジアやアフリカ諸国への支援の思惑
天罰を受けることになるか中国
米国にも降りかかる最後の天罰
新著出版のご案内
全米140の都市で抗議デモ
コロナウイルス2次感染の問題点
大統領の差別的発言に非難が噴出
コロナウイル、スペルーでも急拡大
イギリスや米国で銅像の取り壊しが急増
NHKテレビまたまた歴史の嘘番組を放送
北朝鮮、南北事務所を爆破
中国北東部にイナゴの大群
最後のカルマを積む中国
とうとう世界の感染者数が1000万人を突破
人口大国、インドと中国に迫る艱難
新型コロナウイルスによる「イエメンの惨状」
おぞましい中国企業の実態

 全米140の都市で抗議デモ 
        自滅を導くトランプ大統領の言動

 
 

 
 


首都ワシントンのホワイトハウスの前に押し寄せた1000人を超すデモ隊。

 
 


ミネソタ州のミネアポリスで白人警官に首を押さえられて、黒人のフロイド(46歳)さんが亡くなって昨日で1週間。差別への怒りのデモは日に日にその規模を増し、31日から1日にかけて40の州の140を超す都市で行われる事態となった。

なんといっても驚いたのは、今朝の米国・ABCテレビが伝えていたニュースであった。それは、首都ワシントンのトランプ大統領が居住し、執務を行うホワイトハウス前で行われた1000人を超す大規模なデモで、火がつけられ、車は倒され無政府状態と化した光景であった。この騒動で、大統領は一時的に地下に避難した後、住まいを一時、シカゴに移すところとなったようである。

なぜ、デモが首都ワシントンまで飛び火し、神聖な場所とされるホワイトハウス前で過激な行為が行われることになったのか。それは、今回の抗議デモに対する大統領の挑発的な言動が黒人だけでなく白人の心をも傷つけることとなったからである。

ミネアポリスのデモに参加した人々を「チンピラどもめ!」と呼び「略奪が始まれば、銃撃戦となるぞ!」と発砲を示唆する暴言。また、ホワイトハウス前に集まったデモ参加者に「敷地内に入れば凶暴な犬と恐ろしい武器が待ち構えているぞ!」と脅し発言。その挙句、デモが激化すると地下室に避難 しているのだから情けない。

今回のデモが全国規模に拡大したことの背景にあるのは、コロナ騒動で4000万人が職を失い、多くの人々が家を追われ、食事もままならない状況と化して来ていることである。その中心となっているのが黒人やヒスパニック系の貧困層であることは、読者もご承知の通り。

それを考えたら、今回の白人警察官による黒人に対する殺人的行為が、一歩間違ったら大変な事態にまで発展することを、一国の大統領ともあろう人物が分からないようでは話にならない。それなのに、事件後に大統領がツイートで発信するメッセージでは、黒人に対する差別を露わにし、支援に回る州知事をバカ呼ばわりしているのだから、どうにもならない。

今回のフロイド氏に対する殺人行為と大統領の言動に対しては、多くの国民が憤りを感じていることは間違いない。それだけに、今回のデモ行為に職を失った4000万人の人々の不安と不満が結び付くことになるようだと、取り返しのつかない事態を招くことになる可能性は決して小さくなさそうである。

もしかすると、今、米国に襲い掛かろうとしている「ウイルス・失業・暴動」の三重苦は、米国に降りかかる「最後の天罰」の 先駆けとなるかもしれない。

 

 
 

 
 


夜になると火も放たれた。

 

 
 

 
 


車も倒された。

 

 
 

 
 



デモに参加した黒人の青年は、大統領に対して「彼は子供じみた発言や
行動を止めて、大人になるべきです」と語っていた。なんともはや
トランプ氏も情けない大統領となってしまったようだ。

 

 
 

 
 


ニューヨークで行われたデモで警護に当たるはずの警察官たちは
デモ参加者と一緒になって、膝をついて被害者の冥福を祈っていた。
トランプ大統領に見せてやりたい一場面であった。

 

 

お知らせ

 

拙著「浅川嘉富 保江邦夫 令和弐年天命会談」を徳乃蔵のネットサービスを使ってご購入いただける方は、下記アドレスからお申し込みください。

この場合は、販売手数料をペルーの学校建設や国境なき医師団等の支援に回させて頂きますので、徳積みにお役に立つことと思います。

なお、必要でしたらサインもしますので、その旨お伝えください。

http://tokunokurashop.cart.fc2.com/ca7/226/p-r7-s/

 

 

 

 

 

 

 




 

戻る 上へ 進む