戻る 進む

 


ホーム
上へ
コロナウイルスの被害、軍事に影響
ウイルスの感染者100万人を突破
ロックダウン(外出禁止令)がもたらす悲劇
謎が深まる新型コロナウイルスの真相
一枚のピラミッドの写真が思い出させたエジプト探索の旅
世界各地で拡大する新型コロナウイルス
ニューヨークの原油先物価格がマイナスに
太陽フレアーの観測始まる
パンデミック後の世界の行方は?
外出制限解除を巡って揺れるEUと米国
HPのカウンター回数回3200万回を突破
厳しさを増す新型コロナウイルスの感染拡大
新型コロナウイルスの世界情勢への影響
米国のウイルス感染拡大がもたらす米中対立の危機
復興に向かうかに見える中国経済の実態
コロナウイルス蔓延の最中、モンスーン襲来
中国のアジアやアフリカ諸国への支援の思惑
天罰を受けることになるか中国
米国にも降りかかる最後の天罰
新著出版のご案内
全米140の都市で抗議デモ
コロナウイルス2次感染の問題点

米国のウイルス感染拡大がもたらす
                米中対立の危機

 
 

 
 


 

 
 

昨日、米国における直前1週間の失業保険の新たな申請者数が発表された。その数は298万件。これで今年に入ってからの累計の失業者数は、3600万人を超える記録的な数値となった。今回その数値がどれほどの大きさかという点を調べようと、昨年末の米国の就業者数を調べてみたところ、その数は1億5700万人で、失業率が約4%の630万人となっていた。

その数値に、今回のコロナウイルスによって新たに発生した失業者数3600万人を加算すると、現在の失業者数は4230万人で、失業率は約27%となる。読者にもその数値が大変な数値であることがお分かりになるであろう。10人に3人が失業しているのだから。

こうした状況下、このところ感染状況がピークを過ぎたとして、多くの州で経済活動の再開の動きが出てきていた。しかし、全国的な数値はここにきて再び大幅に増加、昨日1日の増加数は2万人台を大きく上回って26、617人。その結果、累計数は150万人が目前となっており、死者数増も1週間後には10万人に達しそうな勢いとなっている。

どうやら、米国の感染者増はこれから先、当分は続きそうであるが、一昨日、それを裏付ける議会証言が為されていた。トランプ政権下で今回のウイルス危機に関して大統領に対するアドバイス役であった厚生省の高官・ブライト博士は、景気回復策を進めようとする大統領から罷免された後、下院議会で証言し、「今の政府の対応は不十分で、このままでは2020年末には近代史上最悪の冬を迎えることになると警告している。

つまり、景気回復のために外出禁止令中止のタイミングを急ぐと、遠からずして再び発生者数が急増することになるという警告である。そうなると、外出禁止や営業停止の解除はますます難しくなってくる。そうした状況を念頭にFRBのパウエル議長は、現在の米国経済は第2次世界大戦以降で最悪の状況となっているとして、景気の先行きに強い懸念を表明。政府に対して更なる景気刺激策を要望している。

 
 

 
 


トランプ大統領から罷免されたブライト博士は、その後、下院議会で
「このままでは2020年末には近代史上最悪の冬を迎えることになる」と警告

 
 

こうした要望に沿った措置を取ったらどうなるのか。実はトランプ政権は既に中小企業や零細企業に対する支援として、300兆円の支援を断行しているのである。300兆円という数値は米国の国家予算が500兆円ほどであることからすると、なんとその60%に達する数値である。110兆円ほどの我が国の予算に置き換えるなら30兆円を超す額である。なんともはや凄い数値であるが、これでもまだ足りないというのだから大変だ。

こうした状況を受けて民主党は、一般家庭への現金給付や失業保険の給付期間の延長などの経済対策費として、さらに320兆円に達する予算を下院議会に提案しようとしているようである。金が余っている国ならいざ知らず、世界一の借金国 (25兆ドル=2560兆円)である米国が、国家予算を上回る資金をつぎ込もうというのだから驚きである。勿論、その裏にあるのは年末の大統領選挙に対する票集めであることは明白。

いずれにしろ、たとえそのような膨大な資金投入が行われたとしても、支えられるのは数カ月が限界。従って、もしも、これから更に半年先、1年先までウイルスの再発を恐れて経済活動停止の状態を続けることになるようなら、どうなるのか? その先に待っているのは財政面での国家破綻である。

こうした右にも、左にも舵を取れない状況を見ていると、今回の新型コロナウイルスは覇権国家・米国の衰退を目的に拡散されたのではなかろうかと、思えてくる。万が一、そうした衰退の兆候が見え始めた時には、その先に待っているのは戦争、それは「米中戦争」である。

最近のトランプ大統領の「ウイルス発生源が武漢にあることはいずれ明らかになるだろう」という発言や、先日伝えられた「中国との全ての関係を断つことも出来る」という意味ありげな発言、さらには、中国政府をかばってきたWHO(世界保健機関)に対する怒りと資金拠出の停止表明などを聞いていると、政権維持と大統領再選のためなら、戦争も辞さないぞ、という心情が垣間見えて来るようである。

また、一昨日のFBI(連邦捜査局)による「米国の企業や研究機関を狙って中国がサイバー攻撃やスパイ攻撃を行い、新型コロナワクチンの治療薬やワクチンの研究情報を盗もうとしている疑いがある」とする警報発信も、大統領の意向を受けた動きの一つかもしれない。

いずれにしろ今、米中二国間の緊張が日増しに高まって来ていることは間違いだけに、注意して見ておく必要がありそうである。

 
 

 
 


最近のトランプ大統領は、中国とWHOに対する厳しいバッシング発言が目立ってきた。

 

 

 

 

 

 




 

戻る 上へ 進む