戻る 進む

 


ホーム
上へ
正月の富士
「積雪と紅葉の白馬・後立山連峰」展
徳乃蔵ニュース
降雪、心を和ます天からの贈り物
緊急メッセージ
仲良し姉妹ステラとルナ
春爛漫
満開の桜で心を癒す(1)
満開のサックらで心を癒す(2)
心を癒してくれる妙薬は新緑と花々
ますます仲良し、ステラとルナ
徳乃蔵営業再開のお知らせ
初夏の花 A
初夏の白樺湖を訪ねる
夏の花・タチアオイを撮る
再びハイジの村を訪ねる
ラベンダーと富士山の夏姿
心の癒される光景
ニッコウキスゲを撮る
加寿施京子先生の「エネルギーアート展」
可憐な夏の草花
八ヶ岳高原の夏景色を撮る
八ヶ岳高原の夏景色を撮る A
晩夏の草花
家の近くに咲く可憐な草花
初秋の紅葉を撮る

   家の近くに咲く可憐な草花 

 
 

 
 


背景に秋の七草・尾花(ススキ)が見える。
私が秋の到来を一番感じるのは、ススキを眺めた時である。

 
 

最高の秋日和が続くはずの10月初旬。しかし夏から続く異常な天候の中、どんよりと曇った日が続き、一時、日が照ったかと思うと強い雨、 これから先、さらに台風14号の影響で2〜3日雨模様が続きそうである。なんともおかしな天気の連続である

そんな中、一昨日は久し振りに青空が見え、徳乃蔵も休日だったので、朝方、家の周辺を散策しながら道端に咲く可憐な草花を見て歩いた。近くに園芸種を育てている畑があったので、 目の保養をさせて頂いた。

例年なら既に散っている花たちであるが、数日前まで残暑が続いたせいかまだ元気に咲いていた。そんな花たちを見ていると、心が安らぐだけでなく「鬱(うつ)にならずに元気を出しなよ!」と勇気づけられる。同じ種 の花でも色や花模様が異なると、受けるメッセージが違ってくるから不思議である。

リセット・リスタート後の新しい星「アルス」の高次元世界では、こうした草花の精霊たちとも心を通わせることが出来るのかと思うと、なんとも心が浮き浮きしてくる。 掲載させて頂いた花たちは見慣れた草花であるが、少しでも心の安らぎに役立てて頂けたら嬉しい限りである。

精霊たちの世界には「コロナ禍」も「テロ」も存在しない。そこにあるのは「安らぎ」と「穏やかさ」と「愛」だけである。 憎しみや争いは人の魂を成長させるもの、とはいうものの、 政権奪取に明け暮れている国や、宗教間、宗派間の悲惨な争いが続く国々を目にしていると、そんな憎しみと欺瞞に満ちた世界から、一日も早く卒業したい気持ちが日に日に増して来る。

花の名前については間違いがあるかもしれませんが、ご容赦ください。その際には、名前の不明な花と一緒にメールでお教えいただければ幸いです。
    メール先  y-asakawa@nns.ne.jp

 

 



 


ソバ畑の周りに咲く
コスモス @
 

A

 

 



 



ホットリップス


オシロイ花 ?
 

ラッセルルピナス

 



 

オオテンニンギク


クレオメ @
 

A

 



 


ダリア
 


シュウメイギク
 

コルチカム

 

 

 
 




 

戻る 上へ 進む