戻る 進む

 


ホーム
上へ
正月の富士
「積雪と紅葉の白馬・後立山連峰」展
徳乃蔵ニュース
降雪、心を和ます天からの贈り物
緊急メッセージ
仲良し姉妹ステラとルナ
春爛漫
満開の桜で心を癒す(1)
満開のサックらで心を癒す(2)
心を癒してくれる妙薬は新緑と花々
ますます仲良し、ステラとルナ
徳乃蔵営業再開のお知らせ
初夏の花 A
初夏の白樺湖を訪ねる
夏の花・タチアオイを撮る
再びハイジの村を訪ねる
ラベンダーと富士山の夏姿
心の癒される光景
ニッコウキスゲを撮る
大統領の差別的発言に非難が噴出

  満開の桜で心を癒す(2) 

    緑茶はウイルスに効くようですよ !!

 
 

 
 



冬景色と化した甲斐駒連峰を背景にした桜並木
極めて珍しい光景である。
 

 
 

私の住む北杜市では樹齢2000年の実相寺の山高神代桜と、樹齢400年の神田の大糸桜が樹齢の長い桜として有名である。山高神代桜については、昨年の「実相時を訪ねる @」
などで何回か掲載して来たので記憶に残っておられることと思う。今回は山梨県の指定天然記念物となっている「神田(しんでん)の大糸桜」をご覧頂くことにした。

同じ北杜市にありながら標高が350mほど違うため、開花は山高神代桜の方が1週間ほど早い。両方とも老木であるため、土壌の入れ替えや添え木をして何とか開花を続けているが、 年老いた古木が咲かす花ならではの荘厳さがある。

ウイルス騒ぎであまり遠出は出来ないので、近場を巡り絵になりそうな桜と可憐な花を探していたところ、幸いにも、今まで見たことのない 「桜」と「コブシ」が一緒に咲き誇る珍しい景観に出くわすところとなった。

今年は桜の開花が平年より早かったために見ることの出来た絶景であった。6〜7枚目の写真がそれで、白い花を咲かすコブシ、その大木が何本か咲き誇る先に、 ソメイヨシノの姿が見える絶景である。たまたま、コブシの北側に高台があったため、 そこからコブシと桜、それに雪積の甲斐駒ヶ岳の入った絶景を写真に収めることが出来た 。

ただ写真に撮ろうとすると、両者とも白色系の花だけに絵にするのが難しく、満足のいく写真にはなかなか至らなかったが、15m近い数本のコブシが咲く彼方に、連なる満開のソメイヨシノ の景観を想像しながら見て頂けたらと思っている。

 



 

山梨県の指定天然記念物
神田(しんでん)の
大糸桜(オオイトザクラ) @
 

オオイトザクラ A


二本の桜を狙っていたところ、
タイミングよく中央本線の
「特急あずさ」が加わり、
絵になる一枚となった。
 

 



 

学校のグランドを囲む
ソメイヨシノ


コブシの大木の彼方に
みえるのがソメイヨシノ
@
 

A

 



 



 


昨日の雨が山腹では雪と
なって、この時期としては
めったに見れない「雪景色」と
化し、それを背景にした桜並木
が一段と艶やかとなった。
 @
 

A


見事な花壇と化した石垣。
タイミングよく居合わせた奥様
の許可を得て撮らして頂いた。

 

 



 



 

 


ヒヤシンス ?
 

乙女椿(オトメツバキ)

 

 

 
 




 

戻る 上へ 進む