戻る 進む

 


ホーム
上へ
カメラマン泣かせの雪の少ない冬
待ちに待った八ヶ岳の雪景色を撮る
待ちに待った八ヶ岳の雪景色を撮る A
梅林を訪ねる
春の初めに咲く可憐な福寿草(フクジュソウ)
残雪の富士を撮る
実相寺の樹齢2000年の神代桜 @
実相寺の樹齢2000年の神代桜 A
山梨の名所・昇仙峡を訪ねる
我が家周辺の春を撮る
「六道の堤」「高遠城址」の桜を撮る
春爛漫・咲き誇る野草
心を癒す新緑の景観 @
徳乃蔵「最後の楽園PERU」開催のご案内
心を癒す新緑の景観 A
心を癒してくれる草花たち
ハイジの村を訪ねる
深緑の候の信濃路を行く @
「深緑の候」の信濃路を行く A
深緑の上高地を訪ねる @
深緑の上高地を訪ねる A
初夏の草花 @
初夏の花 A
「セサル・ラトーレ氏の演奏会」終了
初夏の草花 B
散策中に目に留まった草花 @
散策中に目に留まった草花A
八ヶ岳山麓・野辺山高原に咲く草花
晩夏の花
美花短命の「月下美人」を撮る
八ヶ岳山麓の秋景色が始まった

 初夏の草花 A 

 
 

 
 



梅雨明け直前の甲斐駒ヶ岳
 

 
 

長雨と豪雨に見舞われた今年の梅雨もようやく終わり、今朝の八ヶ岳山麓一帯は青空の下、深緑に覆われた爽やかな景観が広がっている。

街中で暮らしおられる方々は、コロナ禍の中でさぞや憂鬱(ゆううつ)な日々を送られておられるのではなかろうか。そんな方々のために今回は前回掲載した花園の草花と一緒に、梅雨明け空に浮かぶ我が家から眺めた富士山、甲斐駒ヶ岳、八ヶ岳の深緑に覆われた「夏景色」を掲載させて頂くことにした。

コロナ禍で徳乃蔵への来館者の人の数は少ない状態が続いているが、こんな時こそ自然の中に身を置かれたらいかがだろうか。車でご来館頂ける方には感染の心配はないし、中央本線をご利用される方も、乗客数は一車両にほんの数人しか乗車していない状況なので、あまり心配されなくてよろしいのではないかと思います。

現在展示しているセサル・ラトーレ氏の作品と次回の加寿施先生の作品は、他では目にすることの出来ないものなので、是非ご覧頂いて心を癒して頂けたらと思っております。

 



 

梅雨空に浮かぶ甲斐駒ヶ岳 @

A


見事な田園風景
 


 



 



 


梅雨明け後の八ヶ岳
 

富士山

甲斐駒ヶ岳

 



 



 

 

 

 



 



 

 

 

 




 



 

 

 


 



 



 

 

 

 

 

 

 

 

 
 




 

戻る 上へ 進む