今度はインドで大洪水発生
 

 


ホーム
上へ
米国でまた奇妙な事故発生
ホルムズ海峡で再びタンカー攻撃
200万に達した香港のデモ
新潟・山形で地震発生
「動物愛護改正法案」成立
米軍の報復・イラン軍にサイバー攻撃
作物に影響し始めた異常気象
「金の力」で中東和平を狙うトランプ大統領
千島列島の雷公計島(ライコケ島)の噴火
今年もまた欧州で記録的な猛暑
笑顔の裏にあるのは猜疑心
今度はロシアとメキシコで異常気象
今度はインドで大洪水発生
噴火・地震・竜巻
米国・カリフォルニア州で再び地震
スペインで記録的な集中豪雨
ブラジル新大統領登場でアマゾンに危機迫る
ニューヨークで異例の大規模停電発生
大統領の差別的発言に非難が噴出

ムンバイでここ10年で最高の雨量

 

 
 


ムンバイ市のメイン通りは完全に水に覆われた状況で、
道路を横切るには膝まで浸かることになるようである。
(オーストラリアABC ・TV )

 
 

この1週間の内に米国やフランスなど欧州各国、さらにはロシア、メキシコと次々と発生している記録的な自然災害や熱波、今度はインドである。 昨日のオーストラリアのテレビ局は 、6月まで猛暑と水不足に見舞われていたインドでは、モンスーンの時期に入り一転して大雨が降り続き、各地で洪水が発生したことを伝えていた。

中でも被害の大きかったのはインド最大の都市・ムンバイとその周辺地区で、降水量はここ10年で最高となっており、死者の数が100人を超していて、被害者の数はさらに多くなりそうである。街の道路は水に覆われ学校や企業は閉鎖、鉄道も運休となり何百万人もの通勤客に影響が出ているようである。

またムンバイの近郊でインドで最も貧困の地区と言われている地域では、住居が脆弱な造りのため強風を伴った大雨で民家が軒並み倒壊。 被害にあった建物はとても復旧できる状況ではなく、悲惨な状況と化している。 こうした地域の人たちはこれから先、どうやって生活していくのだろうかと心配になってくる。

これだけの被害が出ているのに雨量はまだ300ミリ程度。今朝のNHKニュースを見ると、鹿児島県のここ4日間の雨量は800ミリから1000ミリに達しているところもあるというのに、まだムンバイほどの被害には至っていないのは幸いである。 これから先、気候変動が本格化して来ることが予想されているだけに、防水対策が十分に出来ていない発展途上国の皆さんは大変である。

それにしても、これだけ異常気象・カオスの掲載が続くと、私のHPは気候変動ニュースの専用掲示板と化してしまいそうである 。 掲載する写真の字幕消し作業で疲労困憊し、私自身がカオス状態となってしまいそうだ (^-^)  。

 
 

 
 


ムンバイ市の河と化した道路 @

 

 
 

 
 


A
 

 
 

 
 


B

 

 
 

 
 


突然運休になった電車。  何百万人の通勤客に影響。

 

 
 

 
 


バスもまるで河の中を走っているようだ。

 

 
 

 
 


南部の貧困層の地域の被害状況 @

 

 
 

 
 


A

 

 

 




 

戻る 上へ 進む