戻る 進む

 


ホーム
上へ
笑顔の裏にあるのは猜疑心
今度はロシアとメキシコで異常気象
今度はインドで大洪水発生
ブラジル新大統領登場でアマゾンに危機迫る
噴火・地震・竜巻
米国・カリフォルニア州で再び地震
スペインで記録的な集中豪雨
ニューヨークで異例の大規模停電発生
大統領の差別的発言に非難が噴出
トランプ大統領への非難決議、議会で可決
愚かなりし人間
北朝鮮・新型ミサイル実験
米国の持つカルマの恐ろしさ
北極海周辺で前代未聞の巨大森林火災
頻度と規模が増す一方の米国の銃乱射事件
加速化する人間の奴隷化
ここまで来たかNHK
米国が背負った二つのカルマ @
米国が背負った二つのカルマ A
反日感情を強めるムン・ジェイン大統領
アマゾンで燃え広がる森林火災
拡大するスペインの自然災害
激しさを増し始めた世界情勢
悪化の一途をたどる米国
ボルソナル大統領、G7の支援を受け入れ
前代未聞の大型ハリケーン、バハマ島を襲う
ハリケーン「ドリアン」、北米大陸沿岸を北上
軍事力を強める一方の北朝鮮
海水温上昇がもたらす異変 @
海水温上昇がもたらす異変 A
成果なく終わった気候変動サミット
米国北部で季節外れの大雪
軍拡に向かう中国
ジャーナリスト・カショギ氏殺害から1年

移民系女性議員に対し「いやなら出て行け!」

 
 

 
 


「アメリカがいやなら出ていけ !」 暴言を吐くトランプ大統領
 

 
 


日本のマスコミも取り上げているので読者は既にご存知のことと思うが、いまトランプ大統領の民主党の下院議員に対する暴言が非難を浴びる事態となっている。

それは大統領が自身のツイッターに書き込んだもので、民主党の移民系女性議員4人に対して「(彼女たちは)地球上で最も偉大で強力なアメリカ国民に対し「政府はこうすべきだ」と語っている。アメリカが嫌いなら出ていけばいい」「(彼女たちは)もともと破滅的な国からやって来たのだから、国に帰り犯罪紛れの国を立て直したらどうだ」

なんともはや、驚きの発言である。とても覇権国家の元首たる人間の発言ではない。「出て行け、国に帰れ」と言われた四人の議員はみな米国国籍を持つ米国市民なのだ。 4人の内3人は米国生まれで米国籍、一人はソマリアから難民として渡米し国籍を取得。これを人種差別発言と言わずになんというのか。大国の大統領の発言として許されるものではない。

そこまで言うなら、言って聞かせたい。お前をはじめ白人の多くはみなヨーロッパからの移民の子孫ではないか。先住民たちが住むアメリカ大陸に移住して来て、彼らの多くを殺害し、彼らから土地を奪ったのがお前たちの先祖ではないのか。それもわずか250〜300年前のことではないか。

 
 

 
 


暴言の対象となった4人の女性下院議員 (ABCニュース)

 
 

今回の大統領発言で気になる点は二つ。その一つは、あのような非常識的な差別発言に対して共和党内からはまだ数人の議員を除いて、批判的な発言をする議員が出ていないことである。いくら同じ党内の大統領だからと言っても、非人間的な発言に対して批判 を避けるようなら、議員の資格はない。民主党から大統領に対する非難決議案が提出さることになったようなので、結果を見てみることにしよう。

もう一つ気になるのが大統領の次のような発言である。「彼女らはイスラエルを憎み、アルカイダのような敵を愛している」。こうした理解しがたい発言を聞くと、今回の発言の裏には、ユダヤ人国家イスラエルを擁護し、次なる大統領選でユダヤ系人から大量の票を獲得する狙いがあることが見え隠れする。

海を渡って移住し、先住民を強制退去させて領土を取得、その後に国家を樹立して覇権国家となった米国は今、 自ら犯したカルマの刈り取りに入っているのだ。今米国がグアテマラなど中米諸国からの移民問題で揺れて いるのには、そうした背景があるのだ。今回の暴言で国論を二分することになったのも、移民問題に対する不満が表面化したものである。

どうやらこれから先、米国は「自然災害」だけでなく「国論の分断」によっても、覇権国家の衰退を早めることになりそうである。

 




 

戻る 上へ 進む