戻る 進む

 

ホーム
上へ
笑顔の裏にあるのは猜疑心
今度はロシアとメキシコで異常気象
今度はインドで大洪水発生
ブラジル新大統領登場でアマゾンに危機迫る
噴火・地震・竜巻
米国・カリフォルニア州で再び地震
スペインで記録的な集中豪雨
ニューヨークで異例の大規模停電発生
大統領の差別的発言に非難が噴出
トランプ大統領への非難決議、議会で可決
愚かなりし人間
北朝鮮・新型ミサイル実験
米国の持つカルマの恐ろしさ
北極海周辺で前代未聞の巨大森林火災
頻度と規模が増す一方の米国の銃乱射事件
加速化する人間の奴隷化
ここまで来たかNHK
米国が背負った二つのカルマ @
米国が背負った二つのカルマ A
反日感情を強めるムン・ジェイン大統領
アマゾンで燃え広がる森林火災
拡大するスペインの自然災害
激しさを増し始めた世界情勢
悪化の一途をたどる米国
ボルソナル大統領、G7の支援を受け入れ
前代未聞の大型ハリケーン、バハマ島を襲う
ハリケーン「ドリアン」、北米大陸沿岸を北上
軍事力を強める一方の北朝鮮
海水温上昇がもたらす異変 @
海水温上昇がもたらす異変 A
成果なく終わった気候変動サミット
米国北部で季節外れの大雪
軍拡に向かう中国
ジャーナリスト・カショギ氏殺害から1年

ニュース番組がスポーツ番組と
                化し始めたNHK

 
 

 
 



NHK・BS局の朝晩のニュース番組が大リーグ中継と化す日が増えてきた。
(8月6日の夜10時のニュース番組「国際報道」)

 
 

最近、パソコンのトラブルが頻繁に発生するようになっているが、読者の皆様に置かれても同様なことが起きているのではないだろうか。 マイクロソフトが使っているWindows10に問題があるのか、太陽からの放射線に異常が発生し始めているためなのか、いろいろの要因 ありそうだが、パソコンに向かう時間の多い人間にとっては、やっかいな問題である。

もう一点、最近、気になり始めているのがNHKテレビの番組についてである。私は情報収集の一つの手段としてNHK・BS局の朝と夜の 50分前後のニュース番組を何本か利用しているが、4月以降、こうしたニュース番組に変化が起きて来ているのだ。読者はお気づきだろうか?

先ず最初の変化は、これまでは月曜日から土曜日まで放送されていた 番組が、土曜日が休みとなってしまったことである。二つ目の変化は朝のニュース番組「ワールドニュース」と「世界のトップニュース」 、それに夜の「国際報道」が平日でも時々中止になって来ていることである。また放送局がBSの101局から102局に変更されたり、放送時間が変更になることも起きている。

今週は月曜日から今日までの3日間、朝9時の「ワールドニュース」は早朝5時に変更され、8時からの「世界のトップニュース」と夜10時の「国際報道」は中止されて、大リーグの野球中継となっている。時にはカーリングの世界大会やゴルフ中継に入れ替わることもある。

大リーグ中継は人気のある大谷選手や田中投手が登場するというのがその理由であるようだが、定番のニュース番組を中止してまで放送する必要があるのか? とうてい納得できることではない。 NHK局内でいとも簡単に承認されているのだろうか。

なぜこんなバカなことが行われるようになったのか? その裏に潜んでいるのは私がかねてからお伝えして来た「闇の勢力」が人間を奴隷と化すための「3S作戦」である。 これこそが「3S」つまり、スポーツ、スクリーン、セックスによって人間を目覚めさせないための重要な作戦なのである。時が近づいて来ているために奴隷化政策を急ぐ必要があり、その手先としてNHKがその急先鋒を担うこととなったに違いない。

今、世界は政治面、経済面、そして自然災害と危機的状況が次々と発生して来ている。世界経済を混乱に陥れている米中間の貿易摩擦は通貨安問題にまで及んで 、世界的株価の下落を発生させ、香港の大規模デモは中国の軍事的関与を招こうとしており、北朝鮮のミサイル発射は2週間で4回目となっている。

そんな厳しい状況下、世界情報の伝達の手段であるニュース番組がスポーツ番組に入れ替わっていたのでは、我々は世界の変化について、何も知らされないまま生きていくことになってしまう。そんなことが公共放送であるNHKで堂々とまかり通っているのだから驚きだ。

なんともはや恐ろしいことであるが、それが今現実となって来ているのである。読者に置かれてはこうした実態をしっかり頭に入れておいて頂きたい。奴隷と化さないために。

 

 

今年に入っての通常の番組
(7月30日版)

 



朝8時の「キャッチ世界のトップN」も
夜10時の「国際報道」も大リーグ
放送と化している。 (8月6日版)

 

 

「追記」

  徳之蔵のご案内

 
 

 
 


展示会場は26点に及ぶ作品が展示され、聖なるエネルギーで満ち溢れている。

 
 

 

徳之蔵ギャラリーでは1日より、加寿施京子画伯の絵画展「エネルギーアート展」が開催されております。聖なるエネルギーが放射される素晴らしい 新作がたくさん展示されておりますので、ご来館されて心を癒して頂ければと思っております。

8月は13日(火)〜19日(月)まで盆休みのため休館となりますので、ご注意ください。なお月末は、26日(月)以外は開館しておりますのでご来館ください。お待ちしております。

 

 

 

 




 

戻る 上へ 進む