北極海周辺で前代未聞の巨大森林火災
 

 


ホーム
上へ
米国でまた奇妙な事故発生
ホルムズ海峡で再びタンカー攻撃
200万に達した香港のデモ
新潟・山形で地震発生
「動物愛護改正法案」成立
米軍の報復・イラン軍にサイバー攻撃
作物に影響し始めた異常気象
「金の力」で中東和平を狙うトランプ大統領
千島列島の雷公計島(ライコケ島)の噴火
今年もまた欧州で記録的な猛暑
笑顔の裏にあるのは猜疑心
今度はロシアとメキシコで異常気象
今度はインドで大洪水発生
噴火・地震・竜巻
米国・カリフォルニア州で再び地震
スペインで記録的な集中豪雨
ブラジル新大統領登場でアマゾンに危機迫る
ニューヨークで異例の大規模停電発生
大統領の差別的発言に非難が噴出
トランプ大統領への非難決議、議会で可決
愚かなりし人間
北朝鮮・新型ミサイル実験
米国の持つカルマの恐ろしさ
北極海周辺で前代未聞の巨大森林火災
頻度と規模が増す一方の米国の銃乱射事件
加速化する人間の奴隷化
ここまで来たかNHK
米国が背負った二つのカルマ @
米国が背負った二つのカルマ A
反日感情を強めるムン・ジェイン大統領

シベリアで300万ヘクタール焼失

 
 

 
 


アマゾンの森林伐採が人類に大きな脅威となっていることについては「 ブラジル新大統領登場でアマゾンに危機迫る」でお伝えした通りである。地球に酸素を供給し二酸化炭素を吸収してくれているアマゾンの原生林の減少は、地球の温暖化への悪影響をもたらす要因の一つとなっているからである。

今回はアマゾンとは対照的に厳しい寒気に覆われている北極海周辺のシベリアやアラスカ、グリーランドなどで、通常の森林火災とは桁が2桁も違う、巨大な森林火災が発生しているニュースである。その代表的事例がロシアのシベリア地方のイルクーツク地方やクラスノヤルスク地方などで、先月から発生している超巨大な森林火災である。

この火災による延焼面積はすでに日本の四国の1・5倍にあたる300万ヘクタールに達しており、今もなお一向に収まる気配がなく、延焼個所は150カ所に達している。この火災の状況に不安を感じたロシア国民から政府に対して、真剣に消火活動が行われていないと非難の声が寄せられるようになってきていることから、プーチン大統領は軍に消火に当たるよう指示を出すことになったようである。

森林火災とは縁のないはずのシベリアや極東地域で大規模な森林火災が発生している要因となっているのは、気温の上昇と乾燥であるとされているが、それを裏付けるように、WMO(世界気象機関)はシベリアでは6月の平均気温が2010年までの約30年間の平均気温に比べて約10℃上昇していると発表。今回の火災について「前代未聞の事態である」として、懸念を示している。

今回のシベリアの森林火災のニュースで、プーチン大統領とトランプ大統領が電話会談を行った際に、トランプ大統領がロシアに対して支援を申し出たという話を聞いた時には、思わず笑ってしまった。どうやら、森林火災のメッカと化している米国だけに、鎮火に手を貸してやるぞということになったようである。さすがは米国である(笑い)。

これを機会に、お二人とも政治的な争いごとを少なくするように努めたらどうだろうか。出来ることなら中国の習近平主席にも仲間に入って頂いて、仲良くしてほしいものである。

 
 

 
 


 

 
 

 
 



 

 
 

 
 


クラスノヤルスク地方

 

 
 

 
 


イルクーツク地方

 

 




 

戻る 上へ 進む