スペインで記録的な集中豪雨
 

 


ホーム
上へ
米国でまた奇妙な事故発生
ホルムズ海峡で再びタンカー攻撃
200万に達した香港のデモ
新潟・山形で地震発生
「動物愛護改正法案」成立
米軍の報復・イラン軍にサイバー攻撃
作物に影響し始めた異常気象
「金の力」で中東和平を狙うトランプ大統領
千島列島の雷公計島(ライコケ島)の噴火
今年もまた欧州で記録的な猛暑
笑顔の裏にあるのは猜疑心
今度はロシアとメキシコで異常気象
今度はインドで大洪水発生
噴火・地震・竜巻
米国・カリフォルニア州で再び地震
スペインで記録的な集中豪雨
ブラジル新大統領登場でアマゾンに危機迫る
ニューヨークで異例の大規模停電発生
大統領の差別的発言に非難が噴出

わずか2時間の豪雨で街は水浸し

 
 

 
 


わずか2時間の集中豪雨で街は大混乱
 

 
 

ここ数年、洪水が多発しているスペイン。北部ナバーラ州で8日夜、記録的な豪雨によって川が急激に増水して洪水が発生。車などが流され道路が決壊、男性1人が死亡。地元州政府によると、この川の水位はもともと10センチほどであったが、雨が降り始めたあとわずか6時間で6メートル近くまで急上昇したようである。

地元の人が撮影した映像には、泥で茶色く濁った水が市街地を急流のように流れ、多くの車がオモチャのように押し流していく様子が映されている。大型のトラックやトレーラーもまるで浮船のように浮いている。


一夜明けた9日には、そうした車が道路に折り重なるようになって、道をふさいでいる姿が街のあちらこちらに残されている。商店街も泥の海で、高価なウエディングドレスが台無しになっている店舗もある。住宅街では家の奥まで泥に浸かった人たちが、泥を除去する姿が痛ましい。

地元の男性は、「想像できないくらいの災難だった。家の中がまるで海のようになり、ドアをしめ、室内の高いところに逃げるのが精一杯だった」と話していた。現地の市長も突然の鉄砲水に対し「まさに自然の脅威だ!!  わずか2時間の雨でここまで被害が出ることは、どんな気象学者でも予測不可能だ」と語っていた。

昨年の西日本豪雨にしろ、今年の九州南部を襲った集中豪雨にしろ3日、4日と続く長雨による被害であるため、避難したり大事な物を2階に移動したりする余裕がある。しかし、夜半のわずか2時間の雨で河の氾濫が起きてしまっては手の打ちようがない。こうした災害がこれから先、我が国でも起きてくる可能性が大きいだけに、近くに河が流れている地区ではご用心、ご用心である。

 
 

 
 



 

 
 

 
 



 

 
 

 
 



 

 
 

 
 



 

 
 

 
 

 

 
 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




 

戻る 上へ 進む