災害続きの米国でまたもや
 

 


ホーム
上へ
次々とやってくる台風と地震
自然災害が拡大するインドネシア
大荒れの天気に見舞われた北米大陸
罪深き中国の「一帯一路」戦略
モンスターハリケーン、米国・フロリダに上陸
徳乃蔵ニュース
ハリケーン「マイケル」の惨状
3000万回を超えた閲覧回数
米中の関税合戦がもたらす結果
南欧と中東の異常気象
窮地に立つサウジアラビア
露呈し始めた人間のおぞましい姿
世界を混乱に導くトランプ政権
消えゆく木々が「時の到来」を教えている
イタリアで高潮、大雨、強風被害発生
またも露呈した一帯一路の中国戦術
天が下す采配
新たな核脅威 インド核完全保有国へ
米国、選挙後に待ち受けているもの
米国と中国の背負った恐ろしきカルマ
拡大し続けるカリフォルニア州の山火事
世界が抱えた莫大な借金 @
世界が抱えた膨大な借金 A
世界が抱えた膨大な借金 B
さらに拡大するカリフォルニアの森林火災
4500キロの旅の先に待ち受ける難問
近づく「ソーラーフラッシュ」
中国で巨大な砂嵐発生
カリフォルニアの山火事ようやく鎮火
災害続きの米国でまたもや
世界が注目した米中首脳会談
世界各国で通信障害発生
世界の主要国で広がる混乱の渦
深刻な野生生物の減少

アラスカ州でM7の地震

 
 

 
 


道路に巨大な穴が開いた

 

 
 

 
 

 

 
 

山火事、ハリケーンと巨大災害が相次ぐ米国、今度は西海岸北部で大地震の発生である。

北アメリカ大陸最北端のアラスカ州で30日朝8時ごろ、M7・0の地震が発生。幸いにも死傷者は確認されていないものの、アラスカ州の最大の都市アンカレジ近郊近くでは、各地で道路が陥没して巨大な穴が開き、橋が崩れて車が巻き込まれる事故が多発している。 またビルの内部にも被害が及んでおり、現地の放送スタジオは爆撃を受けたような惨状を呈している。

心配なのは今回の地震域が最近、地震や火山の頻度が増している環太平洋地震帯に属していることである。 環太平洋地震帯はインドネシアの島々から北上し、日本列島を抜け、ロシアのカムチャッカ半島を経て北米大陸に渡り、アラスカ、カリフォルニア半島、そして中米のメキシコ、グアテマラ、さらに南下して南米のペルーやチリまで連なっているが、ここ数年、連続的に地震や火山の発生が続いている。

直近の1か月を見ただけで、インドネシアの火山と地震、北海道の地震、そして今回のアラスカの地震と間を置かない勢いで起きている。 我々も常日頃の用心だけはしっかりしておきたいものである。

 
 

 
 



地元の放送局は空爆にあったような惨状
 

 
 

 
 


路にはあちらこちらに亀裂や穴が開いている

 
 

 

 


山火事のカリフォルニア州では
             大雨で「泥流」が発生

 
 

 
 


激しく流れ下る泥流

 
 

記録的な山火事に見舞われたカリフォルニア州。 延焼が2週間以上にわたって続いた後、ようやく鎮火したことは前回「カリフォルニアの山火事ようやく鎮火」でお伝えしたばかりである。 ところが、鎮火に力を貸してくれた数か月ぶりの大雨が、今度は被災地に大規模な泥流を発生させるという二次災害を引き起こすところとなってしまったのだ。

山火事で広大なエリアの森林が焼失。 その丸裸になってしまった山肌に大雨が降ったのだからたまらない。 雨はカラカラになった山肌を流れ下りながら、土を削り取って泥流となって町を襲ったのだ。 その結果、各地で道路が掘り起こされ、橋が破壊されて車は立ち往生。

気になるのは、現地では今週末から来週にかけてさらに多くの雨が降る予報が出ていることである。 もしかしたら被害の規模はさらに増すことになり、「泣き面に蜂」となるかもしれない。

 
 

 
 



2mもある道路標識が埋まるほどの泥流

 

 
 

 
 


泥流であちらこちらの道路が遮断

 

 
 

 
 


泥流で車がスリップする事故が多発

 




 

戻る 上へ 進む