世界同時株安
 

 


ホーム
上へ
次々とやってくる台風と地震
自然災害が拡大するインドネシア
大荒れの天気に見舞われた北米大陸
罪深き中国の「一帯一路」戦略
モンスターハリケーン、米国・フロリダに上陸
徳乃蔵ニュースC
ハリケーン「マイケル」の惨状
3000万回を超えた閲覧回数
米中の関税合戦がもたらす結果
南欧と中東の異常気象
窮地に立つサウジアラビア
露呈し始めた人間のおぞましい姿
世界を混乱に導くトランプ政権
消えゆく木々が「時の到来」を教えている
イタリアで高潮、大雨、強風被害発生
またも露呈した一帯一路の中国戦術
天が下す采配
新たな核脅威 インド核完全保有国へ
米国、選挙後に待ち受けているもの
米国と中国の背負った恐ろしきカルマ
拡大し続けるカリフォルニア州の山火事
世界が抱えた莫大な借金 @
世界が抱えた膨大な借金 A
世界が抱えた膨大な借金 B
さらに拡大するカリフォルニアの森林火災
4500キロの旅の先に待ち受ける難問
近づく「ソーラーフラッシュ」
中国で巨大な砂嵐発生
カリフォルニアの山火事ようやく鎮火
災害続きの米国でまたもや
世界が注目した米中首脳会談
世界各国で通信障害発生
世界の主要国で広がる混乱の渦
深刻な野生生物の減少
南極大陸に存在した巨大都市
止むことなく続く米国の自然災害
世界を混乱に導くトランプ政権
本格化し始めたインドネシア近海の天変地異
インドネシアの津波の被害状況
世界同時株安

ダウ平均に次いで日経1000円安

 
 

 
 




 
 

クリスマスイブを控えた24日、ウォール街を衝撃が走った。大手企業の株価を表す「ダウ平均」が653ドル下落したからだ。9月に27000ドルに迫る史上最高値を付けて以来何度か大幅な下落が続いてきていたが、過去、12月は大きく下げることはなく、特にクリスマス休暇前後は上昇するのが通例であっただけに、今回の急落は市場関係者にとって大きな驚きであったようだ。

そしてニューヨークの流れを受けて翌日25日の東京市場は、下落率が5%を超す1010円安となり、10月初めに付けたバブル後最高値圏の2万4200円から5000円超の下落となった。下に添付した日経平均とダウ平均の推移を見てもらえれば分かるように、両者はほとんど同じ動きをしている。

カネに目がくらんで博打相場を続けてきた投資家たちであるが、さすがに2万7000ドルは限界に近づいていることは承知していたようである。 ウォール街から伝えられていた情報では、多くの投資家が12月を最後に相場の世界から身を引こうとしていたようである。

歴史的に12月の下げはなかったので、さすがの彼らもクリスマス休暇前の今回の下げには驚いたようである。 おそらくこれから市場に戻った後、彼らはいろいろと知恵を絞ってうまく切り抜けようとするに違いないが、思うようにいくかどうか見ものである。

いずれにしろ、株価はこれから先上げ下げを繰り返しながら、年度末に向かって下げに転じて行くことになるものと思われるが、これから始まる暴落劇が想像を絶したものとなることは間違いなさそうである。世界経済を崩壊に導いた1931年の「大恐慌」に近い状況となるものと思われるので、身を引き締めておいたほうがよさそうである。

 
 

 
 

 

 

 




 

戻る 上へ