記録的災害に遭遇する欧米諸国
 

 


ホーム
上へ
災害続きの米国でまたもや
世界が注目した米中首脳会談
世界各国で通信障害発生
世界の主要国で広がる混乱の渦
深刻な野生生物の減少
南極大陸に存在した巨大都市
止むことなく続く米国の自然災害
世界を混乱に導くトランプ政権
本格化し始めたインドネシア近海の天変地異
インドネシアの津波の被害状況
世界同時株安
年末の御礼とご挨拶
2019年を展望
中国の探査機、月の裏側に着陸
常識を欠く中国人の謎
盟友クルド人部隊を見捨てたトランプ政権
記録的災害に遭遇する欧米諸国
英国、EU離脱協定案大差で否決
シリアから米軍撤退で恐れていた事態発生
隠され続けて来た世界の真実 D
隠され続けて来た世界の真実 E
世界に広がる気候変動の影響
2億2800万人が寒波に見舞われた米国
「人類史を覆すカブレラストーン」展
厳冬の厳しさを写真で見る
イラン新型ミサイル発表
拡大し続ける世界の異常気象
先住民の犠牲の上に成り立つ現代文明 @
先住民の犠牲の上に成り立つ現代文明 A
先住民の犠牲の上に成り立つ現代文明 B
先住民の犠牲の上に成り立つ現代文明 C
先住民の犠牲の上に成り立つ現代文明 D
先住民の犠牲の上に成り立つ現代文明 E
カタストロフ的勢いで激減し始めた昆虫たち
拡大する世界の異常気象

ドイツ、オーストリアのアルプス地方で
           記録的な豪雪と雪崩発生

 
 

 
 


雨で重くなった雪によって家が崩壊するのを防ぐために、
近隣の人々によって屋根の雪かきが行われている。

 

 
 

 
 


雪崩でホテルが崩壊。ホテルは前日に閉鎖していたため、被害者は出なかったようだ。

 
 

この冬、日本でも寒暖の激しい気候が続き、北陸や東北地方では降雪に見舞われているが、大騒ぎするほどの状況ではない。新潟や秋田、青森が雪に見舞われることなど当たり前のこと、降り積もった雪で二階の窓から出入りしている情景を目にすることが多かった事を考えれば、今年の降雪などその量は少ないほどである。

一方、世界に目を向けると、降雨量や降雪量、また気温の変化が異常な状態と化している国々が多発している。政府機関の一部閉鎖が続いている米国の首都ワシントンでは、日曜日には降雪に見舞われ郊外では、積雪量が30センチに達した。

心配なのは、週末にかけて北部から南部まで広域にわたって襲うとされている寒波である。この寒波は一冬に一度あるかないかと言われる程の強い寒波で、比較的温暖な南部のダラスでは今週は22〜23℃と6月並の高温が続 いているが、週末には最高気温が6〜7℃へと一気に16℃も下がり、最低気温は−4℃となりそうである。

目をヨーロッパに転じると、1月上旬、イギリスやスペイン、ポルトガルなど 西側に位置する国々では、雪や雨の量が平年の20%と極端に少ない乾燥状態が続いている一方、東部では正反対に北欧から南部ギリシャに至るまで、記録的な 降雪と降雨が続いている。

特に、ドイツ南部やオーストリアでは先週から、平年の4倍を超える記録的な降雪に見舞われ、20名を超す超す死者が出るなど各地で日常生活に影響が出ている。特にアルプス 山麓のドイツ地方では記録的な降雪で連邦警察だけでなく、連邦軍までが出動する事態となっており、オーストリア地方でも多くの街が孤立状態となったり、幅が300メートルに達する雪崩が発生し、ホテルが崩壊するなどの被害が出ている。 

こうした異常気象を目にすると、我が国でも、今年もまた昨年同様、西日本豪雨や21号、25号級の台風 に見舞われる可能性は大きそうなので、読者に置かれては、今の内から、備えだけはしっかりしておいて頂きたい。「まさか自分の住むこの場所が!!・・・・」と言った発言だけは、なさらないように願いたいものである。

 
 

 
 



ドイツ地方の除雪には軍の部隊も参加する事態となっている。

 

 
 

 
 



オーストリア地方の積雪量も半端ではない。

 

 
 

 
 



 

 
 

 
 

 

 

 

 

 




 

戻る 上へ 進む