戻る 進む

 


ホーム
上へ
新型コロナウイルスによる「イエメンの惨状」
おぞましい中国企業の実態
イランの核開発施設の火災にイスラエルが関与
アジア全体に広がる長雨と洪水
中国では南部でもイナゴの大群襲来
中国、長江流域で大雨による被害拡大
米国のコロナウイルスの感染者急増
「ソーラー・オビター」太陽との距離の半分まで接近
コロナワクチンの研究情報を盗むロシア
中国の「三峡ダム」の決壊は起きるか?
新冷戦に向かう米国と中国
三峡ダムの崩壊までの水位あと12mに迫る
今年も又、米国で起きていた巨大森林火災
米国の第2四半期のGDP,記録的悪化
コロナウイルスで危機に陥った観光地
米国と中国、ハリケーンと台風が襲来
北極・南極圏の氷床の融解が加速化
新型コロナウイルス感染者、世界で2000万人超
次々とカルマの刈り取りが続く米国の惨状
拡大が続く米国西海岸の森林火災
GDP伸び率戦後最大の落ち込みー27.8%
拡大し続けるカリフォルニア州の山火事
三峡ダムの貯水量ピークに
カリフォルニア州の山火事、焼失面積が東京都の2倍に拡大
コロナ禍の中で高止まりする株価
ルイジアナ州にハリケーン「ローラ」が上陸
カリフォルニア州の山火事、東京都の3倍に
イスラエルとUAE、国交樹立
またもや起きたロシアの暗殺行為
拡大し続けるカリフォルニアの山火事
習近平主席、コロナ対応策の成果を自画自賛
西部一帯に広がる米国の山火事の実体
日本のマスコミがようやく伝え始めたカリフォルニア州一帯の山火事
安易に飛びつかないコロナワクチンの接種
カルマの刈り取りに必要だったトランプ大統領
大統領の差別的発言に非難が噴出
アンデスの村の小学校のTVアンテナ入れ替え

 拡大が続く、米国西海岸の森林火災  
         極めて珍しい「火災竜巻」が発生

 
 

 
 


計画停電が行われているカリフォルニア州の都市の彼方に、真っ赤な空が浮かんでいる。

 

 
 

 
 


焼失した住宅街

 
 

米国西海岸沿いの森林火災が住宅街に被害を及ぼしている件については、「次々とカルマの刈り取りが続く米国の惨状」でお伝えした通りであるが、出火から3日が経過した今も40℃近い猛暑の中でさらに勢いを増して延焼し続けており、延焼面積は8000ヘクタールに及んでいる。

火災現場周辺では雷を伴った嵐が生じ、立ち上る炎の中に煙が竜巻状に立ち昇る光景は、目撃されるのも、写真に撮られるのも極めて珍しいケースであるようだ。カリフォルニア州では計画停電が実施され、住民20万人ほどが影響を受けておられるようである。

前回の記事では延焼面積が数千万平方メートル(数10キロ平方メートル)に達していることをお伝えしたが、その面積をヘクタールで表すと数千ヘクタールということになるので、昨夜の段階の8000ヘクタールは恐らく2倍ほどに拡大しているものと思われる。

延焼幅を4キロメートルとすると、延焼距離は20キロとなり、東京23区のおよそ半分が消失したことになる。このまま延焼がさらに続くようなら、23区全体の焼失まで広がることは避けられないかもしれない。

一方、「世界一暑い場所」として散られているカリフォルニア州のデスバレーでは16日に、54・4℃まで上昇。この記録が正式に認定されれば、8月の世界最高気温となるようである。なお7月の最高気温としては、同じデスバレーで1913年に観測された56・7℃が残されている。

我が国も連日の40℃を超す猛暑に襲われ、コロナ禍の中で厳しい状況が続いているが、大きな火災事故が発生していないのは幸いである。ただ、これから先は台風の災害の時期に突入することになるので、大事に至らなければよいのだが。

 
 

 
 




 

 
 

 
 


まるで火山噴火の煙のように立ち上っている。


 

 
 

 
 


炎と煙が竜巻のように立ち上っている。


 

 
 

 
 

 

 

 
 

 
 



巨大な建物らしきものが燃え上がっている。

 

 

 

 

 

 




 

戻る 上へ 進む