戻る 進む

 


ホーム
上へ
新型コロナウイルスによる「イエメンの惨状」
おぞましい中国企業の実態
イランの核開発施設の火災にイスラエルが関与
アジア全体に広がる長雨と洪水
中国では南部でもイナゴの大群襲来
中国、長江流域で大雨による被害拡大
米国のコロナウイルスの感染者急増
「ソーラー・オビター」太陽との距離の半分まで接近
コロナワクチンの研究情報を盗むロシア
中国の「三峡ダム」の決壊は起きるか?
新冷戦に向かう米国と中国
三峡ダムの崩壊までの水位あと12mに迫る
今年も又、米国で起きていた巨大森林火災
米国の第2四半期のGDP,記録的悪化
コロナウイルスで危機に陥った観光地
米国と中国、ハリケーンと台風が襲来
北極・南極圏の氷床の融解が加速化
新型コロナウイルス感染者、世界で2000万人超
次々とカルマの刈り取りが続く米国の惨状
拡大が続く米国西海岸の森林火災
GDP伸び率戦後最大の落ち込みー27.8%
拡大し続けるカリフォルニア州の山火事
三峡ダムの貯水量ピークに
カリフォルニア州の山火事、焼失面積が東京都の2倍に拡大
コロナ禍の中で高止まりする株価
ルイジアナ州にハリケーン「ローラ」が上陸
カリフォルニア州の山火事、東京都の3倍に
イスラエルとUAE、国交樹立
またもや起きたロシアの暗殺行為
拡大し続けるカリフォルニアの山火事
習近平主席、コロナ対応策の成果を自画自賛
西部一帯に広がる米国の山火事の実体
日本のマスコミがようやく伝え始めたカリフォルニア州一帯の山火事
安易に飛びつかないコロナワクチンの接種
カルマの刈り取りに必要だったトランプ大統領
大統領の差別的発言に非難が噴出
アンデスの村の小学校のTVアンテナ入れ替え

 日本のマスコミがようやく伝え始めた
          カリフォルニア州一帯の山火事

 
 

 
 


燃え広がる山火事の現場。


 

 
 

 
 


住宅街に燃え移っている現場。車も延焼している。

 
 


カリフォルニア州一帯の山火事については、既に7回にわたって掲載してきた。最初の掲載日は出火から2日後の8月15日の記事「次々とカルマの刈り取りが続く米国の惨状」であった。ところが我が国のマスコミは私の知る限りでは、そうしたニュースを全く伝えておらず、昨日13日になってようやく朝日新聞で一面に掲載された。なんと私の掲載日から1カ月も経過した後であった。

大統領の発言や黒人蔑視に対する抗議デモなどの様子は毎日のように報道しているが、自然災害に関する情報は無視したままで、今頃になってようやく伝えているのである。それがマスコミの実体なのだ。それでも一面に掲載しているところを見ると、さすがに厳しい状況だと感じたようであるが、それにしても遅過ぎはしまいか。

現地時間で昨夜放送されたABCニュースは、カリフォルニア、オレゴン、ワシントン3州で30人以上が死亡し、行方不明者も多数発生、東京都の6倍を超える125万ヘクタールが延焼し、4万人が自宅を離れ、50万人以上に避難命令が出されている事態を伝えていた。

今回掲載させて頂いた、何十棟もの住宅が全焼した光景や世界で一番美しい橋と言われている全長2737mのサンフランシスコのゴールデンゲートブリッジが煙に包まれている写真を見ると、とても山火事とは思えなくなってくる。既に大都市サンフランシスコ近郊にまで迫って来ているのである。

実は6月6日あたりからゴールデンゲートブリッジを中心に広い範囲で、かなりの音量で奇妙な音が響くようになってきていたようである。橋の担当者は橋の改修プロジェクトによって鳴るようになったものであると、声明を発表しているが、天からの警報の一つだったのかもしれない。

カリフォルニア州のニューサム知事が「気候変動が起きているか否かという議論はもう終わりだ。疑問に思うなら、カリフォルニア州に来て自分の目で確かめるといい」と語っておられたのが印象的であった。既に気候変動の勢いはここまで拡大してきているのだ。

科学技術の発展でヘリコプタ―等を使っての消火能力がいかに進んで来ているとはいえ、自然の猛威の前には、人間の力などとても及ぶものではないことを考えると、これから先の惨状が目に浮かんでくるようようである。

トランプ大統領はようやく重い腰を上げて、14日にカリフォルニア州を慰問することになったようだが、それに際してまたまたバカな発言をしていた。カリフォルニア州が火災発生の環境を生み出しているとして、「(カリフォルニア州は)われわれの意見を聞かないため、代償を払わせる必要があるだろう」と。

どう考えても、覇権国家のトップのする発言ではない。こんな発言が何度も繰り返されているというのに、米国国民は恥ずかしく思わないのだろうか。なんともはや情けない限りであるが、これが終末を迎えようとしている米国の実情であるのだ。

 
 

 
 


人工衛星が撮影した写真には、カリフォルニア州からオレゴン州、ワシントン州に
かけての西海岸一帯に、火災による濃い煙が立ち昇っているのがはっきりと写っている。

 

 
 

 
 


上下の二枚の写真を見る限り、とても山火事と軽視している状況でないことが分かる。
 

 

 
 

 
 


止めてある車から降りた人たちは、焼け跡の惨状に呆然としているに違いない。

 

 
 

 
 


何か大事なものが焼け残っていないか、焼け跡を探す被災者。


 

 
 

 
 



ゴールデンゲートブリッジ

この光景は世界一美しい橋の姿ではない。米国の末世を見せられているようである。

 

 
 

 
     

 

 

 

 

 




 

戻る 上へ 進む