戻る 進む

 


ホーム
上へ
21年前を振り返って思い出すこと
21年前を振り返って想い出すこと A
医療崩壊が迫る米国とイギリス
トランプ支持者、連邦議会に侵入で大混乱
議事堂突入から一夜明けた米国
鵜呑みに出来ないマスコミ情報
中国ではマイナス下の中停電でエアコン使えず
トランプ大統領に対する弾劾訴追決議案可決
気になる20日の大統領就任式の行方
イギリスの漁業者と搬送会社に、EU離脱で問題が発生
バイデン新大統領の就任式無事終了
イランの「犬の保護活動」がピンチに
中国の鉱山事故2週間ぶりに11人が救出
始まったコロナワクチンを巡る争奪戦
コロナによる死者数が10万人を超えたイギリス
野党指導者ナワリヌイ氏逮捕で揺れるロシア
世界各国で衝突次々と発生
米国ではコロナ禍の中、冬の嵐襲来
今年も又広がるオーストラリアの森林火災
中国政府が行うジェノサイド(集団殺害)
不思議な動植物
コロナ禍の米国を襲う記録的な寒波と暴風雪
米国最南端の温暖な地・テキサス州で寒波と雪害の被害拡大
実体経済と乖離する株高の真相
PCR検査の実体とワクチン接種の真相
米国でコロナウイルスの「変異種患者」発生
サウジアラビア皇太子のジャマル・カショギ氏殺害指示明らかに

 バイデン新大統領の就任式無事終了 

  しかし、大きく2分された国家の前途は多難

 
 

 
 


バイデン新大統領の就任を祝うワシントン・モニュメントの塔の前の広場には、
祝う人の姿はまったく見えず、ガードする州兵と沢山の国旗が揺れているだけで、
まさに前代未聞の就任式となった。

 

 
 

 
 


宣誓式を終えた新大統領は「今こそ結束して前進を」と国民に向かって呼びかけていた。

 
 

暴徒による議事堂侵入という前代未聞の混乱の中で行われた米国大統領の就任式は、トランプ支持者による反バイデンデモや暴徒による騒動が行われるのではないかと心配されていたが、そうしたことは一切なく、2万5000人の州兵によって警備され何らトラブルもなく無事終了。バイデン氏が46代大統領として誕生するところとなった。

しかし、通常なら新大統領を支持する人々で埋まるワシントン・モニュメントの前の広場には、人の姿はまったく見えず、ガードする州兵と沢山の国旗が揺れているだけという前代未聞の就任式であった。国民の分断状態の中で就任したバイデン大統領は「民主主義が勝利した」と述べ、「最初になすことは国民の結束である」と何度も何度も呼びかけていたのが印象的であった。

就任式後、新大統領は執務室で早々に、トランプ大統領が為したパリ協定やWHOからの脱退に復帰する文書にサインする等の執務にとりかかっていた。驚いたのはバイデン氏から指名はされているものの、未だに上院で正式に承認された閣僚が1人もいないことであった。こんなことは前代未聞で、いかに今、覇権国家・米国が混乱状態にあるかを示していた。

問題はこうした状況下の中で新大統領が二分された国民の声をいかにまとめ、ぐらつき始めている覇権国家としての威信を取り戻すかである。また、トランプ大統領の置き土産となったコロナ禍の蔓延をいかに沈静化するかも大事な仕事である。

バイデン氏は親中国派だとされているが、国家的トラブルに向かっている米国と中国の未来はそんな二人の指導者にかかっているだけに、これから先、その一挙種一動から目が離せない日々が続くことになりそうである。

 
 

 
 

 

 

就任後早々に、パリ協定復帰やWHO脱退からの撤回文書にサインするバイデン新大統領。
しかし、大きく二分された国家を導いていく新大統領の前途は多難である。

 

 

 

 

 

 

 


 

戻る 上へ 進む