戻る 進む

 


ホーム
上へ
21年前を振り返って思い出すこと
21年前を振り返って想い出すこと A
医療崩壊が迫る米国とイギリス
トランプ支持者、連邦議会に侵入で大混乱
議事堂突入から一夜明けた米国
鵜呑みに出来ないマスコミ情報
中国ではマイナス下の中停電でエアコン使えず
トランプ大統領に対する弾劾訴追決議案可決
気になる20日の大統領就任式の行方
イギリスの漁業者と搬送会社に、EU離脱で問題が発生
バイデン新大統領の就任式無事終了
イランの「犬の保護活動」がピンチに
中国の鉱山事故2週間ぶりに11人が救出
始まったコロナワクチンを巡る争奪戦
コロナによる死者数が10万人を超えたイギリス
野党指導者ナワリヌイ氏逮捕で揺れるロシア
世界各国で衝突次々と発生
米国ではコロナ禍の中、冬の嵐襲来
今年も又広がるオーストラリアの森林火災
中国政府が行うジェノサイド(集団殺害)
不思議な動植物
コロナ禍の米国を襲う記録的な寒波と暴風雪
米国最南端の温暖な地・テキサス州で寒波と雪害の被害拡大
実体経済と乖離する株高の真相
PCR検査の実体とワクチン接種の真相
米国でコロナウイルスの「変異種患者」発生
サウジアラビア皇太子のジャマル・カショギ氏殺害指示明らかに

 中国の鉱山事故2週間ぶりに11人が救出

 
 

 
 


 

 
 

先日、1月19日付の「イギリスの漁業者と運送業者にEU離脱で問題が発生」の記事の後半で、中国の鉱山で事故が発生したことを以下の様にお伝えした。

オーストラリアABCニュースが中国の金鉱山の坑道で爆発が起き、作業員20人が地下に閉じ込められる事故が発生したことを伝えていた。事故から1週間が経過した段階でようやく地下600mの坑道にいる作業員と連絡が取れたようである。

現場からメモを受け取ることが出来たがそこに記されていたのは、既に8人が死亡し残りの12名が生き残っているが、食糧や医薬品が必要とされているので急いで届けて欲しいと記されていた。驚いたのは「我々を見捨てないで!」と記してあったことであった。坑内には換気装置がないため、ほこりと水が充満しており、生存者たちは厳しい状況に置かれているようである。

昨夜のニュースで、この事故で地下に閉じ込められていた作業員たちの内11人が2週間ぶりに無事救出されたことを伝えていた。地下600mの坑道に取り残された作業員と連絡が取れた後、1週間後に行われた救出劇はおよそ4時間にわたったようであるが、11人の内ケガをした人と衰弱した人の2人以外の9人は自力歩行が可能だったようである。

昨日のニュースでは残りの1人は死亡し、10人は行方不明の状態が続いていると伝えていたので、どうやら作業員は前回20人とお伝えしたが、その数は22名であったようである。何はともあれ、生存が確認されていた11人が無事救出されたことは何よりであった。

 

昨日は久しぶりの降雪、我が家周辺はわずかであったが山々は冠雪しているに違いない。そんな景観を撮りにこれから出かけてくることにする。週末の写真をお楽しみに!!。

 

戻る 上へ 進む