戻る 進む

 


ホーム
上へ
21年前を振り返って思い出すこと
21年前を振り返って想い出すこと A
医療崩壊が迫る米国とイギリス
トランプ支持者、連邦議会に侵入で大混乱
議事堂突入から一夜明けた米国
鵜呑みに出来ないマスコミ情報
中国ではマイナス下の中停電でエアコン使えず
トランプ大統領に対する弾劾訴追決議案可決
気になる20日の大統領就任式の行方
イギリスの漁業者と搬送会社に、EU離脱で問題が発生
バイデン新大統領の就任式無事終了
イランの「犬の保護活動」がピンチに
中国の鉱山事故2週間ぶりに11人が救出
始まったコロナワクチンを巡る争奪戦
コロナによる死者数が10万人を超えたイギリス
野党指導者ナワリヌイ氏逮捕で揺れるロシア
世界各国で衝突次々と発生
米国ではコロナ禍の中、冬の嵐襲来
今年も又広がるオーストラリアの森林火災
中国政府が行うジェノサイド(集団殺害)
不思議な動植物
コロナ禍の米国を襲う記録的な寒波と暴風雪
米国最南端の温暖な地・テキサス州で寒波と雪害の被害拡大
実体経済と乖離する株高の真相
PCR検査の実体とワクチン接種の真相
米国でコロナウイルスの「変異種患者」発生
サウジアラビア皇太子のジャマル・カショギ氏殺害指示明らかに

 米国最南端の温暖の地・テキサス州で

                      寒波と雪害の被害拡大

         
  
  寒波の中300万人が暖を取れず、
             竜巻も発生して死者25人

 
 

 
 


まるでカナダや米国北部の街のような雪景色が広がるテキサス州の州都。

 

 
 

 
 


積雪の住宅街。とてもメキシコに隣接した町の風景とは思えない。
 

 
 

 
 


暖が取れないため早朝の室温が3℃。子供の顔がその寒さを示している。

 

 

前回、コロナ禍の中、米国では記録的な嵐が南部のテキサス州やオクラホマ州から北東部に向けて進んでほぼ全土、40州が記録的な寒波と大雪に見舞われ、2億人以上が警報下に置かれていることをお伝えしたが、今回はその続編である。

上段の写真は米国最南端のメキシコに隣接するテキサス州の雪と氷に覆われた見たことのない風景である。数日前からテキサス州では平年より30度も低く、アラスカより低い−18度の超寒波と降雪に見舞われ異常事態が続いている。

中でも停電に見舞われている300万人は暖が撮れないため、夜は毛布に何重にもくるまって過ごしているようであるが、早朝の室内温度は3℃以下だというから大変である。上に掲載した赤子の寒そうな顔を見ると寒さの程が分かろうというものである。

また停電で冷蔵庫が使えないため、保管食糧が無くなって来ており、配送車の移動が難しくなっていることから食料品店の品物も品薄状態となっているようである。中には凍結した水道管が破裂し、室内が水浸しになっている家もあるようだ。

また、テキサス州の東部では寒波が暖気と接触した結果、竜巻が発生し、時速200キロを超える強風で家々はひとたまりもなく破壊。少なくとも3人が死亡し寒波による死者を合わせると死者数は25人に達しているようである。

我が国でも富山県など北陸や東北、北海道などでは大雪と寒波に見舞われているが、テキサス州の人々の遭遇しておられる厳しさとは比べ物にならないようである。我が国も同様な状況に陥った時には、沖縄の皆さんも寒さで震えあがることになりそうである。

なお、テキサス州にはサムスン電子など半導体工場が多く進出しているが、今回の寒波と停電で操業が停止状態となって企業が多く、経済への影響も出てきそうである。

現在テキサス州で発生している前代未聞の惨状は、これから先、世界中の国々が体験することになる一つの前例に過ぎないかもしれないだけに、我々も肝に銘じておきたいものである。特に冬場の暖の欠如は厳しいだけに、電化に特化しておられる方は、灯油、ガスなどいざという時のために、暖房の種類を増やしておいたほうがよさそうである。

 
 

 
 


300万人が−18度の厳寒の暗闇の中で暖の取れない夜を過ごしているのだ。


 

 
 

 
 


凍結した室内の水道管が破裂し、天井のファンからツララが連なっている。


 

 
 

 
 


氷点下の中、食料品店には買い物客の列が出来ている。


 

 
 

 
 


並ぶ人々のこの姿を見れば、いかに厳しい寒さの中であるかが分かろうというものだ。


 

 
 

 
 


竜巻が巻き起こした時速250キロの風で破壊された住宅 @


 

 
 

 
 



建物の壊れ方を見れば風速の強さが分かる A

寒波と雪害で死者が出ている一方で、隣接する町では竜巻で死者が発生。
米国ならではの悲惨な光景である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 




 

戻る 上へ 進む