戻る 進む

 


ホーム
上へ
21年前を振り返って思い出すこと
21年前を振り返って想い出すこと A
医療崩壊が迫る米国とイギリス
トランプ支持者、連邦議会に侵入で大混乱
議事堂突入から一夜明けた米国
鵜呑みに出来ないマスコミ情報
中国ではマイナス下の中停電でエアコン使えず
トランプ大統領に対する弾劾訴追決議案可決
気になる20日の大統領就任式の行方
イギリスの漁業者と搬送会社に、EU離脱で問題が発生
バイデン新大統領の就任式無事終了
イランの「犬の保護活動」がピンチに
中国の鉱山事故2週間ぶりに11人が救出
始まったコロナワクチンを巡る争奪戦
コロナによる死者数が10万人を超えたイギリス
野党指導者ナワリヌイ氏逮捕で揺れるロシア
世界各国で衝突次々と発生
米国ではコロナ禍の中、冬の嵐襲来
今年も又広がるオーストラリアの森林火災
中国政府が行うジェノサイド(集団殺害)
不思議な動植物
コロナ禍の米国を襲う記録的な寒波と暴風雪
米国最南端の温暖な地・テキサス州で寒波と雪害の被害拡大
実体経済と乖離する株高の真相
PCR検査の実体とワクチン接種の真相
米国でコロナウイルスの「変異種患者」発生
サウジアラビア皇太子のジャマル・カショギ氏殺害指示明らかに

 今年も又広がるオーストラリアの森林火災 

 
 

 
 


昨年の光景を思い出す森林火災
 

 
 

 
 


今年の火災現場は昨年と反対側になる西部のパース地方

延焼地域は広大なオーストラリアの一部の様に思われる方も多いかと思うが。
オーストラリアで緑が広がっている森林地域はほんの一部である。

 
 

昨年は米国の自然災害とオーストラリア森林火災の記事を何度も記したが、今年も又その再現となって来ているようで、2日には米国の冬の嵐の様子を伝えたが、今日はオーストラリアの森林火災のニュースである。

昨年の1月21日付の記事「オ−ストラリアを襲う異常事態」で、9月から始まったオーストラリアの森林火災は半年経過した今も燃え続けており、焼失した建物は2500棟、死者数は28人、犠牲になった野生動物は5億匹、その内、コアラは8000頭に及んでいる事や、焼失面積 が17万平方キロメートル、日本の半分近くの広さに達している記事を掲載した。覚えておられるだろうか。

今年はコロナ禍の中でトップニュースがコロナ、コロナで占められてしまったため、他のニュースが置き去りにされてしまっているようであるが、昨日のオーストラリアABCニュースは森林火災による住宅地域への被害の様子を伝えていた。

昨年の被災地域は東部地域であったが、今年は西部のバース地域が主な被災地となっているようである。この地域がこうした事態になるのは初めてのことであるようで、昨年の東部の火事を他人事と思っていた人たちは驚いておられるようである。つまり、今は長い歴史の中で経験したことのないことが、次々と起きているというわけである。

焼失した住宅は既に70棟を超えており、数日の内には100棟に達しそうな勢いであるようだ。消防隊は300人が消火に当たっているが、予測不能な風で、風の向きが読めないため大変苦労しているようである。 これ以上広がらないでくれればよいのだが。

 
 

 
 


焼け跡の牧草地で牧草を探す羊たち。

 

 
 

 
 


延焼現場
 

 
 

 
 


消火に向かうヘリコプター

 
 

 

 
 

 

 

 




 

戻る 上へ 進む