戻る 進む

 


ホーム
上へ
感謝祭が悪夢と化した米国
異常気象がもたらす悲劇
拡大し続けるオーストラリアの森林火災
ニュージーランドで火山噴火
混乱の度合いが増す一方の世界情勢
温暖化対策会議「COP25」の結果に広がる失望
近づく食糧危機の到来
延焼し続けるオーストラリアの森林火災
異常気象がもたらす体調不良
今度は南米チリで大規模森林火災
2019年を振り返る
HPの掲載年数、20年を経過
懸念される「米国とイランとの軍事衝突」
大統領の差別的発言に非難が噴出
フィリピンのタール火山噴火

米国とイランの対立で民間人に犠牲者
     ウクライナの旅客機撃墜で176人死亡

 
 

 
 


無残な姿と化したウクライナ737旅客機。
乗客の82人がイラン人でカナダ人が63人と二番目に多かった。(AFP)

 
 


イランの精鋭部隊のソレイマニ司令官が殺害されたことによって、米国とイランとの軍事的衝突が懸念されている中、イランのテヘラン空港を離陸したウクライナ航空のボーイング737旅客機が墜落し、乗客・乗員176人が死亡する、痛ましい事故が発生した。

多くの犠牲者を出したカナダのトルドー首相はオタワで記者会見し、「イランの地対空ミサイルが同機を墜落させたことを示す証拠がある」と明言。一方、イラン側は「科学的に不可能」と撃墜説を否定しているが、墜落事故が発生した時刻が、イランからイラクにある米国部隊にミサイル攻撃が行われていた時刻と一致することから、イラン軍が関わっていた可能性は大きそうである。

もしも、イラン軍によるミサイル攻撃による事故だとしても、意図的な攻撃であった可能性は小さそうである。しかし、トランプ大統領によるソレイマニ司令官の殺害命令が、今こうして米国とイランとの軍事衝突とは何ら関係のないウクライナの旅客機と、それに搭乗していた176名の民間人を犠牲にしたことは間違いなさそうである。 

それにしても、なんともはや、恐ろしい世の中になって来たものだ。

 
 

 

 
 



空港近くのイラン人が撮影した撃墜の瞬間 (米国 ABC)

 

 
 

 
 


舞い落ちる機体の破片 (スペインTVE)

 




 

戻る 上へ 進む