戻る 進む

 


ホーム
上へ
感謝祭が悪夢と化した米国
異常気象がもたらす悲劇
拡大し続けるオーストラリアの森林火災
ニュージーランドで火山噴火
混乱の度合いが増す一方の世界情勢
温暖化対策会議「COP25」の結果に広がる失望
近づく食糧危機の到来
延焼し続けるオーストラリアの森林火災
異常気象がもたらす体調不良
今度は南米チリで大規模森林火災
2019年を振り返る
HPの掲載年数、20年を経過
懸念される「米国とイランとの軍事衝突」
大統領の差別的発言に非難が噴出
フィリピンのタール火山噴火
オーストラリアを襲う異常事態
ダボス会議で対決
中国の新型肺炎拡大で広がる混乱
世界に広がる異常気象
今度はトルコで地震
トランプ大統領中東和平案を
新型コロナウイルスの発生源は?
イギリスがEUから離脱・47年間の加盟にに幕
早まる南極の氷河の融解スピード
暴風雨冬のヨーロッパ北部を襲う
新型コロナウイルスの真相
アフリカで大量のバッタ発生

 世界に広がる異常気象
オーストラリアに次いでイタリアでも「雹と洪水」

 
 

 
 


30センチ近い雹に覆われたスペインのマラガ県の街 (スペインTVE)

 
 


森林火災が続くオーストラリアが、大量の雹(ヒョウ)と洪水に見舞われたニュースについては「オーストラリアを襲う異常事態」でお伝えしたばかりであるが、まったく同様な災害が今度は南ヨーロッパのイタリアで発生 。

以前からお伝えしているように、日本のマスコミはほとんど取り上げていないが、ヨーロッパでも南のスペインやイタリアから北のドイツ、フランに至る 国々で 次々と自然災害に見舞われ続けているが、今イタリアでは北に向かう低気圧グローリアによって、オーストラリアと同様、記録的な量の雹(ヒョウ) と大雨による洪水に見舞われている。

23日早朝に降った雹はわずか数分間で20〜30センチに達し、町全体が雹に埋もれる事態となっている。 上の写真を見て頂ければその凄さがお分かりになられるだろう。町の人々はこのようなことは過去に経験がないことだと驚いていたが、雪の30センチはあっても雹の30センチは確かにあまり聞いたことのない話だけに、 驚く様子が目に見えるようだ。

驚きはそれだけではないのだ。オーストラリアと同様、雹の降った隣の町では200ミリを超える大雨で洪水が発生し、死者 と行方不明者数が16名に達しているのだ。それにしても、隣り合わせの街が雹と洪水に見舞われるという奇妙な現象はあまり聞いたことのないだけ 、そんなことが遠く離れたオーストラリアとイタリアで発生とは驚きである。

このように世界各地で発生する災害を一つ一つ取り上げていてはきりがないので、掲載はしないつもりでいるのだが、今回の「大量の雹と洪水」という珍しい組み合わせは、同様な事態がオーストラリアで発生した直後だったので、お知らせすることにした次第である。

これから先、こんな災害が次々と続くようなら、疲労した我が目を休ませることは出来そうもなさそうである。

 
 

 
 


ジローナ県では大雨による洪水で多くの家が浸水。
12名が死亡し、4人が行方不明となっている。
 

 
 

 
 


昨年秋の我が国の台風被害を思い出す光景が広がっている。

 

 
 

 
 

 

 

 

 

 

 




 

戻る 上へ 進む