戻る 進む

 


ホーム
上へ
感謝祭が悪夢と化した米国
異常気象がもたらす悲劇
拡大し続けるオーストラリアの森林火災
ニュージーランドで火山噴火
混乱の度合いが増す一方の世界情勢
温暖化対策会議「COP25」の結果に広がる失望
近づく食糧危機の到来
延焼し続けるオーストラリアの森林火災
異常気象がもたらす体調不良
今度は南米チリで大規模森林火災
2019年を振り返る
HPの掲載年数、20年を経過
懸念される「米国とイランとの軍事衝突」
大統領の差別的発言に非難が噴出
フィリピンのタール火山噴火
オーストラリアを襲う異常事態
ダボス会議で対決
中国の新型肺炎拡大で広がる混乱
世界に広がる異常気象
今度はトルコで地震
トランプ大統領中東和平案を
新型コロナウイルスの発生源は?
イギリスがEUから離脱・47年間の加盟にに幕
早まる南極の氷河の融解スピード
暴風雨冬のヨーロッパ北部を襲う
新型コロナウイルスの真相
アフリカで大量のバッタ発生
最後の戦場と化したイドリブ県
コアラ一1万匹が犠牲、絶滅の危機に
新型コロナウイルスの影響広がる
ペルーのマチュピチュ近郊で大洪水
中国のコロナウイルスがもたらす金融危機
気になるシリア情勢緊迫化の行方
米国南部テネシー州で巨大竜巻発生
中国、バッタ襲来のリスク高まる
再び急増し始めたコロナウイルス
世界に恥をさらす中国・共産党政権
米国株、2000ドルを超す史上最大の下げ
感染者がい万人を超したイタリア、その要因は?
新型コロナウイルスの被害、更に拡大
食糧危機に向かう人類
ゼロ金利や量的緩和策では抑えきれなくなったダウ暴落
新型コレラウイルスが伝える中国政府の欺瞞
予想通り死者数が中国を超したイタリア
米国で拡大する新型コロナウイルスの脅威
拡大する一方の新型コロナウイルス
徳乃蔵来館についての緊急知らせ
米国の感染者数、中国を上回る
ロシアとサウジの対立で原油価格急落
新型コロナウイルスの危機迫るアフリカ
コロナウイルスの被害、軍事に影響
新型コロナウイルスの感染者100万人を突破

予想通り死者数が中国を超したイタリア
     気になる米国の急増がもたらす混乱

下記表は3月24日14:00現在の最新の数値
 

 

国名
 
感染者累計

3月23日の
追加感染者数

死者累計


3月23日の
追加死者塚

 


中国
 
81172人 78人 3277人 +7人

イタリア
 
63927 +4789 6077 +601

米国
 
46145 +11428 582 +130

スペイン
 
35136 +6368 2311 +539

ドイツ
 
29056 +4176 123 +29

イラン
 
23049 +1411 1812 +127

フランス
 
19856 +3838 860 +186

韓国
 
9037 +76 120 +9

日本
 
1128 +27 42 +1

世界計
 
381、744 +43020 16、558 +1、871
 
 


 

 
 


昨日掲載した「新型コロナウイルスが伝える中国政府の欺瞞」でお伝えした、イタリアの死者数が中国を上回る可能性が高いという記事は、私の予想通り 昨日の段階で、中国の3248人に対しイタリアの3405人と完全に上回ってしまった。

もしも、こうした状況が今月いっぱい続くようなら、感染者の数も中国政府の発表数値を上回ることになるかもしれない。本日明らかになった2月19日までの感染者と死者数の添付した 上の表を見てみると、驚く点がいくつか見当たる。

@ スペイン、ドイツ、米国の感染者の増加が3000人〜5000人と急増している点。 特に気になるのは5040人という米国の増加人数である。こうした動きもあって、米国での中国人に対する嫌悪感が急激に増して来ているというニュースが気になった。 米中関係は良好だと言っていたトランプ大統領自身も、「中国ウイルス」と呼んで中国への反感を高めている。

それでなくても危険地区とされ ているロサンゼルスの低所得者層が住む通称サウス・セントラル地区(市の南部地域)では、今回のコロナウイルスのまん延で日用品が手に入らなくなって対中嫌悪感が増しており、食料品店は店を守るためにボディーガードを雇っているという話も伝えられている。さらに銃を売る店には長蛇の列が出来ているという情報もあるので、心配である。

A 感染の広がりがほぼ終結したとされていた中国で、昨日は新たに39人の感染者が発生しているのも気になるところである。こうした状況を見ると、収束宣言なるものはそう簡単には出せるものでないことが分かる。

B これから先で最も気になる点は、世界各国の株価の低迷と世界経済の混乱である。そうした状況を何とかしようと、米国では100兆円,EUでは80兆円規模の融資を政府が行うことになるようであるが、今、世界が遭遇している状況は金さえばらまけば何とかなるというものではない。

それより、世界の借金総額が「2京円」(2000兆円の10倍)に達している危機的な債務バブルの状況下での資金のバラマキは、各国が新たな借金を積み重ねることになるだけに、一歩間違えばとんでもない事態になる可能性があり心配である。

読者に置かれては、こうした状況だけは頭に入れておいて頂きたいが、今回のウイルスの蔓延の先行きは、あと1〜2カ月は様子を見るしかなさそうなので、感染予防に気を付けながら、明るく 楽しく過ごして頂きたい。前回もお伝えしたように、暗い気持ちや恐怖心はウイルスを引き付けることになってしまうので、要注意である。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




 

戻る 上へ 進む