戻る

 


ホーム
上へ
感謝祭が悪夢と化した米国
異常気象がもたらす悲劇
拡大し続けるオーストラリアの森林火災
ニュージーランドで火山噴火
混乱の度合いが増す一方の世界情勢
温暖化対策会議「COP25」の結果に広がる失望
近づく食糧危機の到来
延焼し続けるオーストラリアの森林火災
異常気象がもたらす体調不良
今度は南米チリで大規模森林火災
2019年を振り返る
HPの掲載年数、20年を経過
懸念される「米国とイランとの軍事衝突」
大統領の差別的発言に非難が噴出
フィリピンのタール火山噴火

フィリピンのタール火山噴火
     1万人が避難、心配されている次なる噴火

 
 

 
 


カルデラ湖にあるタール火山が噴火。

 
 


フィリピンの首都マニラから南60キロにあるタール山が12日午後噴火。13日には噴煙は高さが1万〜1万5000mに達し、大量の火山灰が降って周囲に住む1万人が避難を余儀なくされている。

タール火山はフィリピンで最も活動が活発な火山として知られており、最初の噴火は1572年、最も大きな噴火となったのは1754年の噴火で、噴火は7カ月続き周囲の街が破壊された。

その後、30〜50年周期で噴火を繰り返して来ていたが、今回の噴火は噴火の兆候が見えてから、実際に噴火するまでの期間がこれまでで最も短かかったようである。 専門家はこれから先、数日の内に更なる大規模噴火が起きる可能性が高いとしており、タール山のあるカルデラ湖の周囲17キロ以内の住民・およそ930,000人に避難命令が出されることになりそうである。

我が国でもこのところM4前後の地震が多発しており、火山の発生も懸念されている時だけに、同じ環太平洋火山帯に属するフィリピンの火山活動は気になるところである。

 
 

 
 


タール火山の周囲の街は噴煙で覆われている。

 

 
 

 
 


堆積した火山灰の中を走るオートバイ

 

 
 

 
 

 

 


1万5000mまで達した噴煙。 この後に起きる噴火が心配である。

 




 

戻る 上へ