天が与えて下さった学びの場 @
 

 


ホーム
上へ
予想通りの結果となった米朝首脳会談
米国、冬の嵐の惨状
北朝鮮ミサイル発射場で施設再建
世界が注視する英国とトルコ
英国議会、離脱協定案否決
大混乱の英国政府と議会
世界最大の安全国ニュージーランドで銃乱射
「未来のための金曜日」運動をご承知か
「貧しき者」と「富める者」の戦い
自然災害と事故に次々と襲われる米国
サイクロンに襲われたアフリカ南東部の惨状
トランプ大統領の発言、中東情勢を緊張化
8年に渡って続いたシリア内戦ようやく終結
米気象局が予測する前代未聞の洪水危機
混迷深める英国
アフリカ・モザンビークの大洪水の惨状
世界を混乱に導く 「トライバリズム」 の発生
150年前に人類誕生の真実を語った男
トランプ大統領イランに新たな制裁
米国、拡大し続ける災害
天からの警鐘が始まったようだ
北朝鮮「戦術誘導ミサイル」発射実験実施
トランプ政権イランにさらなる制裁
米国南部の洪水被害
天が与えて下さった学びの場 @
天が与えて下さった学びの場 A
天が与えて下さった学びの場 B
支援金送付の報告
天が与えて下さった学びの場 C
世界を揺るがすトランプ政権
天が与えて下さった学びの場 D
100万種の動植物が絶滅の危機
さらに緊張感高まるイラン情勢
災害大国と化した米国の惨状
米国の衛星が捉えた北朝鮮情勢
トランプ政権、中東への増派に踏み切るか

「魂の学び」のために
      用意された数々の仕組み

 
 

 
 



ギスレーヌドゥ・フェリゴンドゥの精霊

 
 

今我々は地球の再生とアセンションいう一大イベントを前に、3次元世界での最後の学びの時を過ごしている。長い転生の中の最後の最後の学びの時である。この学びが魂にとっていかに大事であるかをしっかり自覚して頂くために、霊的世界に用意された驚くべき学びのシステムを、 「5回シリーズ」でお伝えすることにした。大事な記事ですので是非プリントアウトしてお読み頂きたい。

人が地球という星に生まれて学ぶには制限時間が設けられている。そのため、限られた時間の中で魂が成長を為し遂げることが出来るように、霊的世界には輪廻転生の他に幾つかの学びのためのシステムが用意されているのである。その一つが「分魂」であり、「合魂」であり、「パラレルワールドでの学び」等である。

今回はそうした一つ一つの学びのシステムを理解して頂いて、せっかく天が与えて下さった学びのチャンスをなおざりにすることが、いかにもったいないことであるかを しっかり理解して頂くための企画である。 どうぞ流し読みせずにしっかり読んで頂いて、後悔のない旅立ちをして頂きたい。 今の人生が全ての人間にとって最後のチャンスなのだから。

 

序章

地球は今誕生以来46億年の歳月を経て3次元世界から5次元世界へ生まれ変わろうとしている。そして、その地球という星で長い歳月をかけて 転生を繰り返し学んできた我々人類もまた、3次元世界での学びを終えて、高次元世界へ飛び立つチャンスが与えられようとしているのである。

その旅立ちを前にして、今、我々は最後の学びの場にいるわけであるが、しっかりと知っておいて頂きたいことは、このチャンスを活かすか活かさないかによって 、行く先が大きく変わって来るということである。

今回、3次元世界での最後の学びを終えた後、高次元の世界へ旅立つことになるのか、あるいは、再生した3次元の原始の地球に戻って初めから学びなおすのか、はたまた、魂の抹消、つまりチリと化して46億年前の過去に戻るのかに、行き先が分かれることになりそうである。

つまり、我々は今、いずれの世界に進むことになるかが決められる選択肢を前に、最後の学びの時を迎えているわけである。 それゆえ、後で後悔することのないように、地球という星で学ぶことになった経緯やそこで学ぶことがいかに大切であり、その学びのために天がいかなるシステムを用意してくれて来たのかという点をしっかり理解して頂きたい ものである。

それでは本論に入る前に、読者の中には霊的世界の存在や輪廻転生のシステムについてまだ十分に認識しておられない方もおられるかもしれないので、「死」と呼ばれる現象と霊的世界の仕組みについて、基本的なことをおさらいをしておくことにする。

先ずしっかり認識しておいて頂きたいことは、あなたや私という本体(魂)は肉体とは別の存在であることである。 肉体はあくまで魂が一時的に纏(まと )った衣装(媒体)に過ぎないのだ。 だから、もしもあなたが死を体験したとしても、本体の魂は決して消滅することなく存在し続けるのである。

それでは、死後、魂は
霊的世界に向かう際に、肉体に代わるいかなる衣装を身につけることになるのだろうか? それは死後に住む世界によって変わってくるのだ 死後の世界は大別して「幽界」、「霊界」、「神界」に分かれるが、それぞれの世界に応じて、魂は「幽体」、「霊体」、「神体」と随時衣装を替えていくことになる。

地上界から離れて幽界から霊界、神界へと進むにつれ、その世界を構成している粒子は微細となり、そのエネルギーの波動は高くなっていく。 それゆえ、身に纏(まと)う衣装もそれぞれの世界に合わせて幽体、霊体、神体と微細で高波動の衣装へと変化していくことになるのだ。 先ずはその点を頭に入れておいて頂きたい。

 

人類はなぜ地球という星に生まれて来たのか?

 
 

 
 


ピンクダブリュ ノックアウトの精霊

 
 

それではこれから、地球という星と人類との因果関係についてご説明することにする。

宇宙には数え切れないほどの星が存在している。その中には人の住める星もあれば住めない星もある。住めない星の中には、まだそこまで成長していない星もあり、既にその役割を終えた星もある。そうした数ある星の中で、 我々人類はなぜ地球という星を選んで生まれて来たのか?  読者はそんなことを考えてみたことがあるだろうか。 

それは決して偶然そうなったのでも、天がそうさせたわけでもなく、各自の魂が自身の判断でこの星を選んだからである。それではその理由は何か? 自然が豊かで美しい景観に満ちた星であることも大きな理由の一つであるが、それだけではない。

地球という3次元世界のこの星には「苦しみ」や「悲しみ」「憎しみ」といった負のエネルギー が存在しており、魂の成長に欠かせない大事な体験を経験することが出来るのもその理由の一つであるのだ。 

明るく、楽しく、幸せいっぱいの世界で暮らしたい。それは誰でもが願うことである。しかし、魂の成長にはそうした世界では得ることの出来ない学びが必要であるのだ。それゆえ、我々は多くの学びを成し遂げるために、「苦しみ」や「悲しみ」「憎しみ」が一杯詰まった地球という星を選んで転生して来たのである。

 
 

 
 


オランダ・パトラッシュの精霊

 
 

悲しみと苦しみの意味

「悲しみ」は魂に悟りを開かせる数ある体験の中でも特に深甚なる意味を持つものである。

悲しみはそれが魂の琴線に触れた時、一番よく眠れる魂の目をさまさせるものなのだ。魂は肉体の奥深くに埋もれているために、それを目覚めさせるためにはよほどの強烈な体験を必要とするのである。

この世で一つのことを成し遂げようとすると、多くの困難が待ち受けている。その困難は「苦しみ」を生む。しかし、その苦しみに愚痴をこぼしてはいけ ない。困難を乗り越える苦しみこそが魂の肥しとなるからだ。困難 を体験している最中はそれを有難いと思うわけにはいかないだろう。つらくて苦しいのだから。しかし、後でその時を振り返ってみた時、それがあなたの魂の目を開かせるのに、この上ない肥しであったことを知って、神に感謝することになるのだ。

「悲しみ」も「苦しみ」も地上の人間にとって、教訓を学ぶために大切な手段なのである。もしも、その教訓が簡単に学べるものであれば、それはたいした価値のないものということになる。  悲しみの極み、苦しみの極みにおいてのみ学べるものだからこそ、それを学べる準備の出来た霊にとって、深甚なる価値があると言えるのだ。

我々は次なる章でお伝えするようにこれまでの転生において、多くの「悲しみ」と「苦しみ」に遭遇して来た。 そして今、残されたわずかな歳月の中で最後の悲しみと苦しみを体験し、 念願の最後の学びを成就しようとしているのである。 

その時、悲しみや苦しみを否定的に受け止めていては学びは達成できない。 そのためにも、前述した悲しみや苦しみの持つ意義をしっかり理解して、そこから多くを学ぶために努力する必要があるのだ。

次回は人生という限られた時間の中で、少しでも多くのことを学ぶために用意された「分魂(分霊)」 というシステムについてご説明することにする。

 


 




 

戻る 上へ 進む