天が与えて下さった学びの場 C
 

 


ホーム
上へ
予想通りの結果となった米朝首脳会談
米国、冬の嵐の惨状
北朝鮮ミサイル発射場で施設再建
世界が注視する英国とトルコ
英国議会、離脱協定案否決
大混乱の英国政府と議会
世界最大の安全国ニュージーランドで銃乱射
「未来のための金曜日」運動をご承知か
「貧しき者」と「富める者」の戦い
自然災害と事故に次々と襲われる米国
サイクロンに襲われたアフリカ南東部の惨状
トランプ大統領の発言、中東情勢を緊張化
8年に渡って続いたシリア内戦ようやく終結
米気象局が予測する前代未聞の洪水危機
混迷深める英国
アフリカ・モザンビークの大洪水の惨状
世界を混乱に導く 「トライバリズム」 の発生
150年前に人類誕生の真実を語った男
トランプ大統領イランに新たな制裁
米国、拡大し続ける災害
天からの警鐘が始まったようだ
北朝鮮「戦術誘導ミサイル」発射実験実施
トランプ政権イランにさらなる制裁
米国南部の洪水被害
天が与えて下さった学びの場 @
天が与えて下さった学びの場 A
天が与えて下さった学びの場 B
支援金送付の報告
天が与えて下さった学びの場 C
世界を揺るがすトランプ政権
天が与えて下さった学びの場 D
100万種の動植物が絶滅の危機
さらに緊張感高まるイラン情勢
災害大国と化した米国の惨状
米国の衛星が捉えた北朝鮮情勢
トランプ政権、中東への増派に踏み切るか

死後に別の人生を体験する

 
 

 
 



グレーテルの精霊

 
 

これまでに魂の「分裂」や「合体」のシステムについて学んで来たが、地球が高次元世界に生まれ変わる時が刻々と近づいて来ているため、さらに学びの機会を多く持つために用意されたのがパラレルワールドでの学びである。

もしも、あの時こうしていたら、もしも 、あの時あんなことをしなかったら・・・・・誰もが想像する実際とは別の人生を体験することが出来たら、 学びのチャンスが一段と増しそうである。霊的世界のフォーカス27の癒しの場では、そんな体験をすることが出来るようである。 今回はそんな不思議な体験についてお話しすることにしよう。

人の一生は一瞬一瞬が選択の繰り返しである。特に人生の岐路に立った時に、いくつもに分かれた進路のどれを選択するかによって、先々の人生は大きく変わったものになって来ることは間違いない。

私自身も折に触れ、もしも別の職業を選択していたらどうなっていただろうか? とか、岐路に立ったあの時、別の道に進んでいたらどんな人生を体験することになっていただろうか? などと、人生の節々における選択肢 (し)を違(たが)えた時の自分の人生に思いを巡らすことがある。

その都度、今さら戻りようのない人生だからすべてが最良の選択だったんだと、自分に言い聞かせることにしている。 読者にも同じように考えることがあるのではなかろうか。

前回のシリーズ3に登場したスーザン・ウェルズの霊は、死後にフォーカス27で人生を回顧し反省をさせられる場面で、実際に体した大変興味深い話を、霊界通信として次のように伝えている。

 
 

 
 


ローズオオサカの精霊

 
 

スーザンによると、人は死後、フォーカス27で自分の人生を回想する際に、逆戻りして、自分が歩まなかった別の人生を体験すことが出来るようである。 彼女は、それはとても魅力的な体験で、その体験によって自分の一生が思っていたより豊かであっただけでなく、なぜ自分がその道を選択したのかを、より深く理解できたと伝えている。

実際に歩んだわけでもない他の人生を実体験するなどということが本当に出来るのだろうか? この点もまた、我々が持つ常識からすると考えにくいことである。しかし実際には、そうしたことが行われているようなのだ。

どうしてそんなことが可能なのか? それは、人生の大事な節目節目では、自分の意識の一部が分離して、選択した人生とは別の道を歩んでいるからだ、と彼女は述べている。 一種の分魂、分霊体験である。

スーザンはそうした難解な現象を理解するのに役立つ興味深い話を伝えている。実は、我々の身の回りにいる犬や猫のペットは、生きて生活している間に「多次元的な世界を動き回っている」というのだ。

犬や猫は一日の大半を眠ることに費やしている。注意してよく見ていると、特に彼らにちょっかいを出さなければ、1日24時間のうち の半分を眠って過ごしているといっても過言でないほどである。 特に猫にはその傾向が強いことが分かる。

24年間一緒に暮らしてきた愛猫チロ。 私が原稿書きやHP掲載で一日中部屋に閉じこもっている時、関心を持って彼女の様子を眺めていると、確かに不思議なくらいよく寝ていた。食事をしたり、外に出て庭先を散歩する時間を除くと、1日のほとんどを眠っていると言っていいくらいで、よくこんなに眠れるものだと感心するほどであった。今のステラにも同じ傾向がみられる。

 
 

 
 


パシュミナの精霊

 
 

スーザンはその理由を次のように述べている。

 「彼らは別の次元に住んでいる彼らの非物質的な部分とつながっているからなのです。彼らはここ(霊的世界)に来て非物質界を動き回るだけでなく、別の次元では誰かのペットとして生活しています。ですから皆さんの犬や猫は多次元を同時に生きているのです」

しかも、犬や猫たちは自分が多次元に生きていることや、幾つかの別の生を同時に送っていることを認識しているのだというから驚きだ。

実は、私たち人間も、同じように多次元に生きているのであるが、頭を合理的、論理的に使うため、今生きている次元に「意識」の焦点を合わせる度合いが強過 ぎ、他の次元で生きていることに気づかないだけのようである。 

ところが動物は、合理的、論理的な面よりも、感情的な面に依存しているので、いくつもの場所に同時に意識を集中したり、異なった世界を混同することなく同時に体験できるというわけである。 不思議な話であるが、スーザンは霊的世界から鳥瞰図的に眺めてそういう実体を確認しているのだから、 それは事実のようである。

スーザンの説くところが本当だとすると、動物だけでなく、人間もどうやら魂をいくつもに分離してこの地上界で学ぶだけでなく、同じ次元の別の場所や別次元に、同時に自分自身を存在させて学ぶことが行われているようである

実は、日々暮らしている現在とは別の世界で 、今と極めてよく似た生活を送りながら学んでいるのを実体験した女性がいたのだ。それも日本人の方である。次回はその女性に取材して来たので、その概要をお伝えすることにする。 極めて稀な体験談であるからしっかり読んで頂きたい。

 
 

 

 
 


 

 

 




 

戻る 上へ 進む