100万種の動植物が絶滅の危機
 

 


ホーム
上へ
予想通りの結果となった米朝首脳会談
米国、冬の嵐の惨状
北朝鮮ミサイル発射場で施設再建
世界が注視する英国とトルコ
英国議会、離脱協定案否決
大混乱の英国政府と議会
世界最大の安全国ニュージーランドで銃乱射
「未来のための金曜日」運動をご承知か
「貧しき者」と「富める者」の戦い
自然災害と事故に次々と襲われる米国
サイクロンに襲われたアフリカ南東部の惨状
トランプ大統領の発言、中東情勢を緊張化
8年に渡って続いたシリア内戦ようやく終結
米気象局が予測する前代未聞の洪水危機
混迷深める英国
アフリカ・モザンビークの大洪水の惨状
世界を混乱に導く 「トライバリズム」 の発生
150年前に人類誕生の真実を語った男
トランプ大統領イランに新たな制裁
米国、拡大し続ける災害
天からの警鐘が始まったようだ
北朝鮮「戦術誘導ミサイル」発射実験実施
トランプ政権イランにさらなる制裁
米国南部の洪水被害
天が与えて下さった学びの場 @
天が与えて下さった学びの場 A
天が与えて下さった学びの場 B
支援金送付の報告
天が与えて下さった学びの場 C
世界を揺るがすトランプ政権
天が与えて下さった学びの場 D
100万種の動植物が絶滅の危機
さらに緊張感高まるイラン情勢
災害大国と化した米国の惨状
米国の衛星が捉えた北朝鮮情勢
トランプ政権、中東への増派に踏み切るか

原因は人口増による自然の破壊と汚染

 
 

 
 



イギリスBBC
 

 
 

 
 

 

 
 

読者もご覧になられたかと思うが、 100万種の動植物が絶滅の危機に瀕しており、保全の対策が行われなければ、数十年で絶滅することになるとする報告書が国連から発表されたことを、英国BBCが伝えていた。両生類の40%、海生ほ乳類の33%が脅威にさらされているというのだ。

その要因について過去50年で2倍に急増した人口増が挙げられている。この倍増した人間の食料を確保するために農業や漁業、工業などの産業が急拡大し、陸や海の破壊・汚染が進み動植物や生態系に悪影響を及ぼして来たというわけである。1980年以降、10倍に急増したプラスチックの汚染も大きな要因の一つとして挙げられていた。

報道では対策として、農業における土地利用方法の改善や森林の伐採を止めること、海洋汚染問題を解決することなどが挙げられていたが、70億を超す世界の人口を一気に半減することなど出来ないだけに、容易なことではない。さらに心配なのは頻度とその規模を増して来ている自然災害による環境に及ぼす破壊的な影響である。

動植物が危機に直面していると言うことは、我々人類が危機に直面していることに他ならず、これから先保全の取り組みが進まぬ場合は、人間の生存そのものが生存の脅威にさらされることになる。私が一番恐れているのは、そうした危機的状況を回避する手段としての戦争の始まりである。一歩間違うと生態系の破壊どころか地球そのものを無にしてしまいかねないからである。

 
 

 
 


大から小まで、海洋生物から陸上の生物までここに
掲載した様々な種が絶滅の危機にさらされているのだ。
 

 
 

 
 



 

 
 

 
 



 

 
 

 
 



 

 
 

 
 

 

 

 

 

 




 

戻る 上へ 進む