さらに緊張感高まるイラン情勢
 

 

ホーム
上へ
予想通りの結果となった米朝首脳会談
米国、冬の嵐の惨状
北朝鮮ミサイル発射場で施設再建
世界が注視する英国とトルコ
英国議会、離脱協定案否決
大混乱の英国政府と議会
世界最大の安全国ニュージーランドで銃乱射
「未来のための金曜日」運動をご承知か
「貧しき者」と「富める者」の戦い
自然災害と事故に次々と襲われる米国
サイクロンに襲われたアフリカ南東部の惨状
トランプ大統領の発言、中東情勢を緊張化
8年に渡って続いたシリア内戦ようやく終結
米気象局が予測する前代未聞の洪水危機
混迷深める英国
アフリカ・モザンビークの大洪水の惨状
世界を混乱に導く 「トライバリズム」 の発生
150年前に人類誕生の真実を語った男
トランプ大統領イランに新たな制裁
米国、拡大し続ける災害
天からの警鐘が始まったようだ
北朝鮮「戦術誘導ミサイル」発射実験実施
トランプ政権イランにさらなる制裁
米国南部の洪水被害
天が与えて下さった学びの場 @
天が与えて下さった学びの場 A
天が与えて下さった学びの場 B
支援金送付の報告
天が与えて下さった学びの場 C
世界を揺るがすトランプ政権
天が与えて下さった学びの場 D
100万種の動植物が絶滅の危機
さらに緊張感高まるイラン情勢
災害大国と化した米国の惨状 @
米国の衛星が捉えた北朝鮮情勢
トランプ政権、中東への増派に踏み切るか
再び北海道の異常高温に遭遇
災害大国と化した米国の惨状 A
30周年を迎えた天安門事件
米国、台湾に20億ドルの武器売却
災害大国と化した米国の惨状 B
米国でまた奇妙な事故発生
動物愛護改正法案の成立
ホルムズ海峡で再びタンカー攻撃

米国、イラクから大使館職員を国外退去

 
 

 
 


原子力空母「エイブラハム・リンカーン」からB52が飛び立つことのないことを祈る

 
 

米国のイラン産原油の全面的な禁輸制裁が発動されたことは、既にお伝えした通りである。その後、米国とイランだけでなく、サウジアラビアとイランとの緊張も高まって来ており、こうした情勢を世界が固唾(かたづ)を飲んで見守っている。

数日前、ホルムズ海峡近くの海上で原油を積んだサウジアラビアのタンカー4隻が危害を被った事件と、サウジアラビアンの原油のパイプラインが無人機による攻撃を受けるという出来事が発生。二つの出来事に対してサウジアラビアは背後にイランがいる可能性が高いと見ている。

こうした状況の中、米国は原子力空母とB52爆撃機をホルムズ湾近海に派遣。そして昨日、米国兵に対する脅威が高まったと、イラクの首都・バグダードの大使館と領事館の職員の一部を国外待避させる措置を発表。どうやらトランプ政権はイラクに駐在する米軍関係者に対する攻撃を危惧しているようである。

現時点では、イランと米国・サウジアラビアとの直接的な対決が始まっているわけではないが、今後、情勢が一気に制御できなくなる可能性があるだけに心配だ。

 
 

 
 


窮地に陥っているイランのロウハニ大統領はさらなる
米国とサウジアラビアに対する牽制球を発するのか、
それとも、核開発再開に踏み切るのか? 目を離せない状況が続く。

 
 
 

 

 
 


 

 
 

 




 

戻る 上へ 進む