米国でまた奇妙な事故発生
 

 


ホーム
上へ
予想通りの結果となった米朝首脳会談
米国、冬の嵐の惨状
北朝鮮ミサイル発射場で施設再建
世界が注視する英国とトルコ
英国議会、離脱協定案否決
大混乱の英国政府と議会
世界最大の安全国ニュージーランドで銃乱射
「未来のための金曜日」運動をご承知か
「貧しき者」と「富める者」の戦い
自然災害と事故に次々と襲われる米国
サイクロンに襲われたアフリカ南東部の惨状
トランプ大統領の発言、中東情勢を緊張化
8年に渡って続いたシリア内戦ようやく終結
米気象局が予測する前代未聞の洪水危機
混迷深める英国
アフリカ・モザンビークの大洪水の惨状
世界を混乱に導く 「トライバリズム」 の発生
150年前に人類誕生の真実を語った男
トランプ大統領イランに新たな制裁
米国、拡大し続ける災害
天からの警鐘が始まったようだ
北朝鮮「戦術誘導ミサイル」発射実験実施
トランプ政権イランにさらなる制裁
米国南部の洪水被害
天が与えて下さった学びの場 @
天が与えて下さった学びの場 A
天が与えて下さった学びの場 B
支援金送付の報告
天が与えて下さった学びの場 C
世界を揺るがすトランプ政権
天が与えて下さった学びの場 D
100万種の動植物が絶滅の危機
さらに緊張感高まるイラン情勢
災害大国と化した米国の惨状 @
米国の衛星が捉えた北朝鮮情勢
トランプ政権、中東への増派に踏み切るか
再び北海道の異常高温に遭遇
災害大国と化した米国の惨状 A
30周年を迎えた天安門事件
米国、台湾に20億ドルの武器売却
災害大国と化した米国の惨状 B
米国でまた奇妙な事故発生
動物愛護改正法案の成立
ホルムズ海峡で再びタンカー攻撃

ニューヨークの高層ビルにヘリが衝突

 
 




ヘリの衝突で発生した火災で煙が立ち上がる54階建ての高層ビル

 
 

乗り物の事故や銃の乱射事件、さらには記録的な自然災害が続く米国。今朝のABCニュースはニューヨークのマンハッタンにある高層ビルにヘリコプターが衝突した事故の様子を伝えていた。衝突したヘリは午後1時半ごろマンハッタンにあるヘリポートから飛び立ち、短い距離を飛行した後、54階建ての高層ビルの屋上部分に衝突し延焼。 操縦士は即死。

ビル内で仕事をしていた人々は衝撃音と強い揺れに驚き、階段を使って1階に降り屋外に避難。負傷者や死者は出ていないものの、マンハッタンでの飛行機の衝突事故など極めて稀な事故だけに、相当驚いたようでニューヨーク全体にパニックが広がっている。

今回の事故は稀な事故であるだけでなく、多くの疑問点が残る奇妙な事故であったように感じられる。 その不思議な点を列挙すると以下のようになる。

@ マンハッタン上空は飛行制限の区域であるようだが、なぜ大雨と霧の中で飛行許可が
  下りたのか。
A 悪条件の気象の中を何故飛行する必要があったのか理由がはっきりしていないこと。
B エアーポートと事故現場は同じマンハッタンの中ですぐ近くであったこと。
C ビル内の人々が驚いて屋外に飛び出るほど、衝突による衝撃が大きかったのはなぜか。
D トランプ大統領の所有するトランプタワーからわずか800mほどの距離であること。

ニューヨークの市長は記者会見でテロの可能性はないとしているものの、ABCニュースは多くの疑問があると伝えていた。テロとの関連は別にしても、今回の事故は今米国で次々と多発している一連の事件や事故の一つで、奇妙な事故であったことは間違いないようである。

 
 

 
 


ビルの屋上に散乱する機体のあとは、
衝突がハードランディングだったことを物語っている。
 

 
 

 
 


地上200mの屋上の消火活動をする消防隊

 

 
 

 
 


「ビルが横から強く押される感じがして体が激しく揺れた」と語る上の階層にいた男性。

 

 
 


衛星写真を見ると、ヘリポートと事故現場が近距離であることが分かる

 

 
   

 

追記

トップページにこの季節としてはまれな雪化粧した富士の姿を掲載しておきましたのでご覧になってください。

 

 

 




 

戻る 上へ 進む