天が与えて下さった学びの場 B
 

 


ホーム
上へ
予想通りの結果となった米朝首脳会談
米国、冬の嵐の惨状
北朝鮮ミサイル発射場で施設再建
世界が注視する英国とトルコ
英国議会、離脱協定案否決
大混乱の英国政府と議会
世界最大の安全国ニュージーランドで銃乱射
「未来のための金曜日」運動をご承知か
「貧しき者」と「富める者」の戦い
自然災害と事故に次々と襲われる米国
サイクロンに襲われたアフリカ南東部の惨状
トランプ大統領の発言、中東情勢を緊張化
8年に渡って続いたシリア内戦ようやく終結
米気象局が予測する前代未聞の洪水危機
混迷深める英国
アフリカ・モザンビークの大洪水の惨状
世界を混乱に導く 「トライバリズム」 の発生
150年前に人類誕生の真実を語った男
トランプ大統領イランに新たな制裁
米国、拡大し続ける災害
天からの警鐘が始まったようだ
北朝鮮「戦術誘導ミサイル」発射実験実施
トランプ政権イランにさらなる制裁
米国南部の洪水被害
天が与えて下さった学びの場 @
天が与えて下さった学びの場 A
天が与えて下さった学びの場 B
支援金送付の報告
天が与えて下さった学びの場 C
世界を揺るがすトランプ政権
天が与えて下さった学びの場 D
100万種の動植物が絶滅の危機
さらに緊張感高まるイラン情勢
災害大国と化した米国の惨状
米国の衛星が捉えた北朝鮮情勢
トランプ政権、中東への増派に踏み切るか

他の人格と結合する「合魂システム」

 
 

 
 


ヘンリーフォンダの精霊

 
 

前回、魂がより多くのことを学び進化を遂げるために、「分魂」というシステムが存在していることをお伝えした。3次元における人間の寿命には限界があり、時には魂は幽界の下層界に長く留まるケースもあるため、学びの時間をより多く持つためには 「分魂システム」が必要不可欠であったのである。

実は、短い人生の中で豊富な知識を身につけ進化を進める方法 として、「魂の分魂」とはまったく逆の「魂の合体」というシステムが存在していたのである。 このシステムの存在を伝えてくれたのはスーザン・ウェルズの霊であった。 スーザン ・ウェルズはアメリカのサンディエゴで弁護士として活躍していて、1994年に癌でなくなった女性である。

彼女は地上界にいる時には、冒険心に富んだ人物であったが、死後も冒険心や好奇心は一向に衰えることなく、霊的世界を探索し不思議な話を伝えている。 そんなスーザンが霊的世界から伝えて来た進化のための方法とは、一人の人間の魂が他の存在(魂)と溶け合う(合体する)ことであった

この世では、人はみな個としての意識を持って、他人とは分離した身体と心で生きている。だから、どんなに親しい間柄でも、自分と他人とはあくまで別人格でしかない。ところが、あの世では、自分を他の存在と分離して個として生きることも、他の存在と合体して生きることも出来るというから驚きである。

何とも不思議な現象であるが、霊的世界では自分の霊的身体の振動数を変えて、肉体に近い固い波動の低い幽体(エーテル体)を保つことも、霊体(アストラル体)的な柔らかな身体になることも自由自在であるのだ。 そのため、他の存在と境界をもうけて別人格として存在することも出来るし、他の存在と溶け合って、ブレンドした状態で一つの人格として生きることも出来るというわけである。

 
 

 
 


キャンディア メディランド の精霊

 
 

この「合体」というシステムは3次元世界に住む我々人間にはなんとも理解し難い話であるが、他の存在と合体した新しい存在は、一つの魂をもった人間とまったく同じように、他者と会話を交わしたり 、移動したりなど、個々の人が普通に体験できることは何でも出来るのだという。

もしも貴方がすばらしい写真家で合体する相手が冒険家だとしたら、合体した新しい存在は宇宙の果てまで冒険し、そこで見た情景をすばらしい写真に撮ってくることが出来るというわけである。 また 貴方が優れた作曲家で合体相手が名ピアニストだったとしたら、 合体した存在は自分で作った素晴らしい曲を自らの手で思った通りに演奏することが出来るのだ。 

合体した存在は、個の能力を合わせた以上の力を持つことが可能になり、個としては不可能なより多くの、よりすばらしい能力を発揮すること が出来るのだ。そして、やがて単一の意識に戻った時には、相手の持っていた知識や才能だけでなく、お互いが持ち併せていなかった新しい知識や能力を身につけた自分自身を発見することになるのである。

こうして、組み合わせの相手を変えることによって、無限の新しい存在を作ることが出来るわけであるが、ブレンドする存在の数は5つでも10でも制限はないのだという。 となると、その数が多くなればなるほど、信じられないような能力を持った存在が誕生することも可能になってくる。

この「個の合体(ブレンド)」という考え方を推し進め、合体する個の数が無限大にまで拡大された時の存在が、我々が神と呼ぶ存在ということになりそうである。しかし、唯一無二の神様はそれより遙かに尊大で あるようだ。宇宙に存在する全て、つまり「人間」を始め、「動物」「植物」「鉱物」などの森羅万象の全ての存在が合体し、あらゆる才能、能力、知識、愛を持った存在が唯一無二の神様であるからだ。

見方を変えれば、神が分魂しその一つ一つが人間であり、動物であり、植物であり、鉱物であるということになる。神のイメージがおぼろげながら浮かんでくるようである。

 

「合体」のもう一つの意義

 
 

 
 


ヨハネパウロ2世の精霊

 
 

また、合体による意識の統合は、知識や才能を身につけるだけではないようだ。合体を積み重ね「意識の拡大」が進むにつれ、個と集合体との垣根が薄れ て集合体と個が一体のもの、つまり、集合体そのものが個であるように感じられるようになって来るようである。

読者は、それなら相手を取っ替え引っ替え合体を繰り返せば、いくらでも意識が拡大し、魂は容易に進化を遂げることが出来るのではないか、と思われるかもしれない。しかし、魂の合体がそんな安易な行為でないことを 、スーザンは次のように述べている。

「私たちは安易にブレンド(合体)するわけではないのです。ブレンドしたい相手を慎重に選びます。さもないと、自分が持ちたいと思わない性格を持ってしまうことになりかねないからです」

他の優れた知識や能力を得るために、長い歳月をかけて修正してきた自分の欠陥を元に戻してしまったり、本来持っていなかったマイナスの性格を保持してしまうことになるようなら、そのような合体は魂の成長にとって大きなマイナスとなってしまうというわけである。 

このように合体は安易に行う行為ではないのである。幸いなことに、あの世では、他の存在の真の姿を「見通す能力」を持っていて、相手に近づくだけで、その存在の全てを知ることが出来るため、 注意さえすれば、誤った合体を避けることは難しいことではないようである。

スーザンが「周波数に同調する人のみを選んで、合体するかどうかを選択する」と述べている点を考えると、 「魂の合体」という行為は、 ソールメイトのような波動の合う魂同士の間で行われる可能性が大きいようだ。

次回は「パラレルワールド」での学びについてお伝えすることにする。 これもまた、多くの体験をするために用意された重要な一つのシステムであるのだ。 しっかり読んで頂きたい。

 

 



 

 

 

 

 

戻る 上へ 進む