大聖堂への多額の寄付に抗議の声高まる
 

 


ホーム
上へ
予想通りの結果となった米朝首脳会談
米国、冬の嵐の惨状
北朝鮮ミサイル発射場で施設再建
世界が注視する英国とトルコ
英国議会、離脱協定案否決
大混乱の英国政府と議会
世界最大の安全国ニュージーランドで銃乱射
「未来のための金曜日」運動をご承知か
「貧しき者」と「富める者」の戦い
自然災害と事故に次々と襲われる米国
サイクロンに襲われたアフリカ南東部の惨状
トランプ大統領の発言、中東情勢を緊張化
8年に渡って続いたシリア内戦ようやく終結
米気象局が予測する前代未聞の洪水危機
混迷深める英国
アフリカ・モザンビークの大洪水の惨状
世界を混乱に導く 「トライバリズム」 の発生
150年前に人類誕生の真実を語った男
トランプ大統領イランに新たな制裁
米国、拡大し続ける災害
天からの警鐘が始まったようだ
北朝鮮「戦術誘導ミサイル」発射実験実施
トランプ政権イランにさらなる制裁
米国南部の洪水被害
天が与えて下さった学びの場 @
天が与えて下さった学びの場 A
天が与えて下さった学びの場 B
支援金送付の報告
天が与えて下さった学びの場 C
世界を揺るがすトランプ政権
天が与えて下さった学びの場 D
100万種の動植物が絶滅の危機
さらに緊張感高まるイラン情勢
災害大国と化した米国の惨状
米国の衛星が捉えた北朝鮮情勢
トランプ政権、中東への増派に踏み切るか

イエスとマリア様の嘆きの声も聞こえてくる

 
 

 
 


フランスの象徴エッフェル塔の前で燃え広がる大聖堂 (米国 ABCニュース)

 

 
 

 
 


十字架の下でマリア様は嘆いておられるようだ。

 
 

フランスで15日に発生したノートルダム大聖堂の火災後、大聖堂再建のための寄付の動きが急激に広まり、なんと2日間で8億5000ユーロ(1070億円) が集まり、本日のABCニュースではその額は1250億円に達していると伝えている。

ここ数年、フランにおける寄付者の数や寄付額は急激に減少傾向にある だけに、驚きの金額である。その大半が大富豪や高級ブラン、大手化粧品メーカーによるものが大半を占めているようだが、寄付者の中には1億ユーロ(126億円)、2億ユーロ(250億円)の超巨額の寄付者がい るようである。

早速、マクロン大統領はこの動きに 便乗し「私は、この大惨事を結束の機会とする必要があると、強く信じている」と述べ、「大聖堂を5年以内に再建させる」と力強く語 ていた。支持率が低迷している大統領にとって、大聖堂再建への盛り上がりは人気回復に願ってもないチャンスと考えたようである。

私は超巨額の寄付金が次々と寄せられているというニュースを聞いた時、フランスでは「黄色いベスト」運動の抗議デモが5カ月にわたって続き、富の不平等と低所得者層の窮状に注目が集まっていた最中だけに、「そのような寄付の集まりを、キリストやマリア様がお喜びになられると思っているのか !!」と、落胆と強い憤りの気持ちにさいなまれた。

 
 

 
 


マクロン大統領は今回のノートルダム大聖堂の火災事故を
自身の支持率回復に使おうと考えたようだ。(フランスF2テレビ)

 

 
 

 
 


「黄色いベスト」運動参加の女性は巨額の寄付金に対するにがにがしい思いを語った。

 
 

「黄色いベスト」運動さらに激化

 

その後のフランスのF2テレビのニュースを見ていると、盛り上がっていた再建に向けての動きが一気に冷め、世論は2分されるところとなって来ているようである。「黄色いベスト」運動で注目されている女性は、にがにがしい思いを次のように語っていた。「とんでもない額をポンと差し出している億万長者たちは、日々苦しんでいる人々のために、お金を出そうと はしていないではないか」と。

この女性が言うように、「黄色いベスト」運動で掲げる低所得者層の支援には全く寄付の動きがないのに、なにゆえ100億円、200億円という巨額の寄付者が現れたかというと、今回の寄付では大規模な税額控除が受けられるという点と、数千万人というキリスト教信者から尊敬され 、支持を得ることが出来るからではないかというのが大方の見方のようである。私もその通りではないかと思っている。

寄付額はこれから先も更に集まることだろう。しかし、そんな大金を使っていかなる大聖堂再建を行おうというのか。キリストやマリア様は「私たちの祈りの場は質素なものでよいから、世界各地で困窮し苦しんでいる人々の支援に役立てなさい」そう思っておられるに違いない。

大変な 資産を保有する超富豪や大企業、民間財団は、「黄色いベスト」運動が進める低所得者層の支援や格差是正などは全く念頭にないのだ。だから6カ月間にわたってほぼ毎週行われてきた「黄色いベスト」運動の抗議デモが、20日の土曜日に再び大規模に行われ、200人を超す逮捕者が出る暴動と化すこととなったのだ。
 

富める者と貧者との「狩り合い合戦」へ
 

「黄色いベスト」運動参加者の叫びはただ一つ。「政府や大富豪たちは大聖堂の再建には迅速に動いているのに、自分たちの運動には対応がなされていないではないか」という憤りであった。どうやら、天が下したと思われる今回のノートルダム大聖堂の火災によって、富める者と貧しき者の戦いが 一段と激化することになりそうである。

ホピ族の予言は、大規模な戦争の端緒となるのは病的世界にいら立った民衆の蜂起と、虐げられたマイノリティー、すなわち持たざる者、貧困にあえぐ弱者の報復であると次のようにのべている。

「高い地位の猟師と低い地位の猟師との間に狩り合い合戦が始まるだろう。高い地位にいる者たちは、暴動やテロリズムを通して獣(けだもの)のように狩られるであろう。指導者たちも報復し、狩り合い合戦が始まる。やがてこの状況は力を増して広く行き渡り、世界中どこであれ統制が効かなくなるであろう」

今フランスで発生している「黄色いベスト」運動とノートルダム大聖堂の火災は、何年も前から私が伝えて来た高い地位の猟師と 、低い地位の猟師との間に狩り合い合戦の発火点となりそうである。どうやら、英国と米国に次いでフランスも分断と闘争の渦中に巻き込まれていくことになりそうである。

 
 

 
 


大聖堂への多額の寄付に抗議する「黄色いベスト」運動のデモ隊 (米国 ABCニュース)

 

 
 

 
 


鎮圧にあたる警察、20日のデモの逮捕者数は200名を超えた

 
 
 




 

戻る 上へ 進む