戻る 進む

 


ホーム
上へ
北米とカナダで記録的な酷暑
カナダの猛暑、山火事を引き起こす
米国と中国の最新情報
エジプトとエチオピアのダム建設を巡る
北米とカナダの西海岸一帯の猛暑の実体
気候変動の始まりを告げるドイツ西部の洪水
人工知能兵器の脅威
気温上昇が続くギリシャで45℃を記録
米軍の悲惨なアフガンからの撤退劇
心が痛むアフガンの惨状
南フランスで大規模な森林火災
米軍撤退によるアフガンの惨状
アフガンからの撤退に合わせて史上最大のハリケーン「アイダ」がルイジアナ州に上陸
拡大し続ける米国の自然災害
気候危機の到来を自覚しているバイデン大統領
米国南部を次々と襲うハリケーン
中国の不動産大手の経営悪化がもたらす世界経済への影響
ハイチ人の不法入国に揺れる米国
スペイン領・ㇻパルマ島の噴火の惨状
イタリアの首都ローマの街中の珍しい光景
イギリスの主要都市のガソリンスタンドでガソリンが枯渇

 米軍撤退によるアフガンの惨状 

テロ集団 ISにより米兵と市民60名が
           死亡、150人が負傷
 
 

 

 
 


 

アフガニスタンの国民が恐れていた事態が発生。
カブール空港では、多くの米軍兵士と市民が死傷する事態となっている。

 
 

8月31日の米軍のアフガニスタンからの撤退期限が迫る中、首都カブール空港にアフガンを離れようとする500名を超す多くの市民が集結していることについては既にお伝えしてきた通りであるが、26日にはとうとう恐れていた事態が発生するところとなった。

一つはテロ集団IS(イスラミックステート)の戦闘員が空港の集団市民の中で行った自爆テロの寄るもので、米軍の兵士12名を含む60名の死亡、150人を超す人々が負傷する事態となった。またその後には、近くのホテルで同様な爆発事件が発生しているが、未だ死傷者などの詳細は明らかになっていない。

こうした空港内での事故は十分に予想されていたことであるが、なぜ危険な空港に多数の市民が集まり留まっているかというと、アフガンの国民にとって いま最も危険なことは「国内に留まること」であるとされているからである。

これまで米軍の支援してきたアルカイーダ政府に対してISとタリバンはともに反対勢力であるが、ジハード(聖戦と呼ばれる戦闘)方法に違いがあり、タリバンが権力を握って国を支配しようとしているのに対して、ISはあくまで暴力行為を行い国を混乱状態にするためのテロ集団の域を出ていないのである。

こうしたISに対してバイデン大統領は 「この攻撃を仕掛けた者、また米国に危害を加えようとする者たちを決しして許しはしません。彼らには代償を払わせます」と語っていたが、それをなそうとするなら、撤退させた兵士や現在空港を管理している6000人の兵士を9月以降も駐留させるざるを得なくなってくる。

これでは、大統領の主張する8月末までの米軍の完全撤退は成就されない。これから先、米国と米軍の背負った巨大なカルマは、国民を一段と厳しい立場に追い込むことになりそうである。背負ったカルマの刈り取りは 、大統領の発言の様に決して容易なものではないのだ。そのことをこれから先、米国国民は日増しに実感することになるに違いない。

 
 

 
 


ISによるテロに巻き込まれて負傷した女性たち。
 

 

 
 

 
 


この子供たちは死傷したのではなく、親に連れまわされて
疲れて空港の一角で寝入ってしまった子供たちである。

 

 

 




 

戻る 上へ 進む