戻る 進む

 


ホーム
上へ
北米とカナダで記録的な酷暑
カナダの猛暑、山火事を引き起こす
米国と中国の最新情報
エジプトとエチオピアのダム建設を巡る
北米とカナダの西海岸一帯の猛暑の実体
気候変動の始まりを告げるドイツ西部の洪水
人工知能兵器の脅威
気温上昇が続くギリシャで45℃を記録
米軍の悲惨なアフガンからの撤退劇
心が痛むアフガンの惨状
南フランスで大規模な森林火災
米軍撤退によるアフガンの惨状
アフガンからの撤退に合わせて史上最大のハリケーン「アイダ」がルイジアナ州に上陸
拡大し続ける米国の自然災害
気候危機の到来を自覚しているバイデン大統領
米国南部を次々と襲うハリケーン
中国の不動産大手の経営悪化がもたらす世界経済への影響
ハイチ人の不法入国に揺れる米国
スペイン領・ㇻパルマ島の噴火の惨状
イタリアの首都ローマの街中の珍しい光景
イギリスの主要都市のガソリンスタンドでガソリンが枯渇

気候危機の到来を自覚しているバイデン大統領 

 
 

 
 


ルイジアナ州では次々と電柱がなぎ倒され、今月一杯電気が使えない状況が続きそうである。
(写真は全て米国のABCニュースから)

 

 
 

先月末にハリケーン「アイダ」が米国南部のルイジアナ州に上陸し、その後、熱帯低気圧となって東海岸を北上、ニューヨーク州やニュージャジー州など北東部一帯の8つの州が、記録的な洪水や竜巻などで甚大な被害に遭遇していることをお伝えした。

あれから1週間が経過しているというのに、ハリケーンの上陸地・ルイジアナ州では今もなお停電が続いており、32℃の猛暑の中 120万人の人々がエアコンが使えないだけでなく、水や食糧も足りない厳しい状況下にあり、8つの州の死者数は70人近くに達している。

ルイジアナ州の知事は「まるで爆弾を落とされたような状況で、人々は水もなく電気も使えず、食糧もない状況に陥っており、復旧にはこれから先1カ月が必要だ」と語っていた。

バイデン大統領もそうした悲惨な被災地を視察しているが、被災地があまりに広大となっているため、視察には大変な時間が掛かりそうである。そうした状況下で大統領が語ったメッセージ「ハリケーンや巨大な暴風雨は今後より頻繁に、より強い勢力で襲ってくるだろう」は衝撃的であった。

大統領は私が以前から語ってきた「気候危機の到来」は決して一時的なものではなく、これから先も、危機の到来は避けて通れず、益々その頻度と勢力を増してくることを伝えていたからであった。それはこれから先米国の大統領だけでなく、主要国のトップがみな同様な発言をする事態が来ることを示していた。

 
 

 
 


被災地を訪れたバイデン大統領の発言は衝撃的であった。

 

 
 

 
 


ルイジアナ州の惨状 @

 

 
 

 
 


A

 

 
 

 
 



大量の人々が押しかけた避難所はひどい状況で、20リッター入りの缶をトイレとして使っていたようで、ABCユースはこうした厳しい避難で入居者の7名が死亡したことを伝えていた。

 

 
 

 


ルイジアナ州のニューオリンズ市の市長は「被災者が生活できる
状況に復旧するには1カ月が必要になりそうだ」と厳しい状況を語っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




 

戻る 上へ 進む